小説家になろうにて「キモオタでギャルゲー、それって何の罰ゲーム!?」連載中!

PageSpeed Insights100点満点をアドセンス有の本番環境で達成! ~サイト高速化エンジン「WEXAL」の実力を検証

KUSANAGI for ConoHa
この記事は約10分で読めます。

やりました、ようやくやりました。
2018年のリニューアル以降、無理ゲーを極めたPageSpeed Insights(以下、PSI)。
ついにモバイルスコア100点満点を叩き出しました。

PageSpeed Insights100点(AdSense有)、WEXAL・KUSANAGI&Cocoon

PSI満点叩き出す原動力となったのはWEXAL(KUSANAGI PREMIUM)。

WEXAL® Page Speed Technology
the best UX for all Websites.

本稿ではWEXALの実力・魅力について語らせていただきます。

アイキャッチの画像はKUSANAGIのイメージキャラクター草薙沙耶 ©PRIME STRATEGY

スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

「PageSpeed Insightsで100点」を名乗るための前提

まずはじめに述べておきます。

PageSpeed Insightsのスコア100点満点をとるだけなら、少し知識があれば誰でも簡単にできます

大袈裟ではありません。
ただし、次の条件がつくのならですが。

Google Adsense、Google Analyticsなどを積まない。

高速化の記事の多くは、この条件について触れていません。
記事が成り立たなくなるからです。
どんなに高速化していてもアドセンス1つ積んだだけでスコアは30点前後まで下がってしまいます。

しかし企業の公式ホームページならいざしらず、アドセンスを積まないなんてほとんどないでしょう。
それゆえ、

「アドセンスを積み、モバイルスコアで高得点」
これがPageSpeed Insightsを語るための前提ではないでしょうか?

なぜモバイルスコアか?
Googleはモバイルファーストインデックスを採用しているからです。
知らない方は、詳しくはこちらをどうぞ。

モバイル ファースト インデックス登録に関するおすすめの方法  |  検索セントラル  |  Google Developers

私は複数のアドセンスユニットを積んだ上でテストしています。
高速化を施したのは当サイトそのものですから。
常に満点とはいきませんが、ほとんどの記事が95~100点になっています。
どうぞ計測してみてください。

スポンサーリンク

著者の環境

この手の記事のお約束ということで。

サーバー

KUSANAGI(Nginx)。
ConoHa、VPSの2GBプランです。

KUSANAGI
超高速CMS実行環境

プライム・ストラテジー社の生んだKUSANAGIは、もはやサイト高速化の代名詞的な存在となっています。
知らない方は、こちらの説明をどうぞ。

WordPressの実行時間3ミリ秒台、秒間1000リクエストをさばける世界最速級のWordPress実行環境です。ページキャッシュ非使用でこのスピードを実現しております。
KUSANAGIはWordPress内での細かい調整は一切不要で、インストールするだけですぐに世界最速級のWordPress環境を手に入れられます。

引用:ConoHa公式

フロントエンド

CMS

WordPressバージョン5.7.1。

WEXAL

KUSANAGIがバックエンドの最適化を行うのに対し、WEXALはフロントエンドの最適化を行います。
超巨大な(WordPress)プラグインとお考えください。
あるいはAutoptimizeの豪華版。
個人利用の場合、ConoHaでは無料で使えます。

WEXALは、サイト高速化施策で思いつくほとんどをAIが自動でやってくれます

めちゃめちゃ楽だよ!

100点獲れるかはともかく、入れて動かした時点でモバイル85点オーバーにはなるはずです。
(アドセンスを積んでいても)

なお、WEXALはCSS・JSの結合をしません。
これはHTTP/2プロトコルを前提としているためです(同時並行でリクエスト処理が可能)。

テーマ

Cocoonです。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

ただしCocoonはテーマ自身に高速化機能を持っています。
しかし、

Cocoonの高速化機能は全て切ります。

それゆえ、テーマは何でもいいというのが本音です。

著者の本音は、読んでくれる人増やすためにキーワードとして利用者の多いテーマ使っただけだから

こら!
あとはConoHa公式というのもあります

公式といっても正確にはConoHa WINGの方ですが。

Cocoon|レンタルサーバーならConoHa WING
Cocoonは、SEO、高速化、モバイルフレンドリーに最適化した無料のWordPressテーマです。
スポンサーリンク

テスト結果

トップページ

アドセンスは3つ設置しています。

計測すると多くはスコア98~99。
たまに100が出る感じです。

足を引っ張っているのはアピールエリアの背景画像だよ

これを外せば100の出る割合は高まります。
ただ、せっかくKUSANAGI公式が当サイトを紹介してくれたことですし。
しばらくは飾らせていただくつもりです。
実用あっての高速化ですので。

なおCLSのラボデータは記事執筆時点でゼロに改善しています。

投稿ページ

PageSpeedInsights100点投稿ページ

こちらの記事です。

Lightningの長所と短所 ~無料WordPressテーマLightningカスタマイズ第1回 
私は以前、Lightningを使っていました。 その経験から同テーマのカスタマイズについて数回にわたり記します。 第一回目は同テーマの特徴(長所・短所)につ...

投稿ページは全てのH2にアドセンス(レスポンシブレクタングル)を積んでいます(この記事は5個)。
さらに記事下に1つ、関連コンテンツが1つ。

WEXALはアドセンスを全て非同期にしてくれるので、幾つ載せても影響はあんまりないかな

当サイトはWordPressカテゴリとその他カテゴリでレイアウトが異なりますので、後者も載せておきます。

pagespeedinsights99点投稿ページ

こちらの記事です。
アドセンス×10と関連コンテンツ×1積んでます。

「押忍!番長3」で一撃万枚突破! 絶頂対決10連勝と超番長ボーナスから1万3000枚事故った話
先日、「押忍!番長3」で大事故体験。 私のスロ人生通じて初の一撃13000枚達成しました。 画像は万枚突破したところで撮影したものです。 本記...

きっちり調べたわけじゃありませんが、WordPressの記事と比較してスコアが悪い傾向にあります。
ここは推測ですけど、ファーストインプレッションにアイキャッチを含むかどうかでしょう。
WordPressカテゴリの方はボックスメニューでアイキャッチが画面外に押し下げられていますので。

スコア悪いままの投稿例

逆にWEXALが効かない例も挙げておきます。

こちらの記事です。

ネットゲームで毎日決まった時間に接続が切れて困っている方、WiMAXを使っていませんか?
ネットゲーム関連の掲示板を見ていると、時折「毎日決まった時間になるとクライアントが落ちて(ネット接続が切れて)困っている」という悩みを目にします。 しかし「お...

効かない原因は判明しています。

GoogleMapのiframeのせいです

iframeを挿入すると、かなり重くなります。
他ですとcodepenみたいにスクリプト挿入するケースもアウト。
これらそのものがダメというより、これらによってアドセンスの非同期化がうまくいかなくなってるように見受けられます。

スポンサーリンク

WEXALをオフにした場合

先程の例でWEXALをオフにしてみます。

pagespeedinsightsスコア29

99と29ってwww

もう笑っちゃうしかありません。

スポンサーリンク

KUSANAGIとWEXAL

今回導入したWEXALについて述べていきます。
知っている方は読み飛ばしてください。

KUSANAGIって何?

KUSANAGIって何?

まずはここから始まる方もいらっしゃるでしょう。

KUSANAGIのホームページには、以下の通り書かれています。

KUSANAGIとは
超高速CMS実行環境「KUSANAGI」(以下「KUSANAGI」)は、プライム・ストラテジーが開発・提供する世界最速クラスの仮想マシンイメージです。

引用:KUSANAGI公式ページ

KUSANAGI
超高速CMS実行環境

ざっくり言うと、

WordPressが超速で動くOSです

この程度の理解でいいでしょう。
サイト高速化の代名詞と呼んでも過言ではない存在です。
KUSANAGIについて詳しくは、こちらをお読みください。

KUSANAGI for ConoHaの1GBプランに変えたら、速度が4倍になった!
此度、サーバーをロリポップ(ライトプラン)から「KUSANAGI for ConoHa(1Gプラン)」に移設しました。 現在は既に移設後の環境で動いています。...

WEXALって何?

質問者の写真

WEXALって何?

WEXALはKUSANAGIのPREMIUMバージョンという位置づけ。
KUSANAGIがバックエンド(サーバー)のチューニングであるのに対して、WEXALはフロントエンドのチューニングとなります。

WEXALの公式サイトから引用します。

「WEXAL® Page Speed Technology」(以下、PST)は、プライム・ストラテジー株式会社が開発・提供する、Webシステムのための「高速化エンジン」です。オペレーションシステム(OS)である「超高速CMS実行環境『KUSANAGI』」上に導入することで、ブラウザからのHTTPリクエスト、サーバでの動的処理、HTTPレスポンス、レンダリングといったWeb表示のすべてのステップで高速化が実現します。

PSTは適用対象となるWebシステムのソースコードに一切の改変を加えずに高速化を実現します。有効無効を瞬時に切り替えることもできるため、システム担当者の皆さまに安心してご利用いただけます。

(引用元:WEXAL公式

WEXAL® Page Speed Technology
the best UX for all Websites.

ざっくり言うと、

解答者の写真
WEXALは超速なKUSANAGIを超めちゃ速にするシステムです
スポンサーリンク

WEXALを導入するメリット

サイトの高速化施策をする作業から解放される

かつてサイトを作るといえば、同時に背負わされてきたのが高速化施策でした。
プラグインをあれこれ入れ、画像を最適化し、CSSやJSを非同期化し……。

もう、そんな作業をする必要はありません
WEXALが自動AIで全部やってくれます!

サイト高速化に手こずらされてきた方なら、WEXALの中身を見ればわかります。
今まで自分のやってきたことが全て、いえそれ以上に自動化されています。
高速化の大きな障壁となるアドセンスまでも非同期化されます。

革命!?

まさにその2文字が相応しいシステムです。

初心者にこそ恩恵が大きい

WEXALの大きなメリットは、

WordPressの高速化カスタマイズを全然知らない人でも、知っている人以上のサイトを作れることです

逆に言うと、既に知識のある人はリードを無にされたも同然ということ。

私、これまでやってきたのはなんだったのだろう!

本音で思っちゃいますもの。
まあ、WEXALが無料である限り、今後は楽になっていいんですけど。

初心者がWordPressサイトを作るならVPSよりレンタルサーバーを選んだ方が楽です。
しかし保守のためのNginxの知識を得る方がWordPress高速化カスタマイズの知識を得るよりも経験上楽です。
どちらも同じ手間ならVPSでKUSANAGI&WEXALの組合せを選ぶのを推奨します。

SEOで優位に立てる可能性がある

著者が今回WEXALを導入した直接的な理由です

詳しくはこちらをお読みください。

ページエクスペリエンスシグナル導入によってSEOが大きく変わるかもしれない ~いまWEXALを入れるべき理由
2021年6月から検索順位決定要素にページエクスペリエンスシグナルが加えられるのは御存知でしょうか? これまでPageSpeed Insightsなどで示され...

個人利用だとWEXALの利用料は無料

個人利用ですとWEXALは無料で使えます。
これで使わない手はありません。

スポンサーリンク

今回入れてみた所感

実は1年前にもWEXAL導入に挑戦しました。
しかし失敗しました。
詳しくはこちらの記事に記しています。

ConoHaのKUSANAGIにWEXALがやってきた! 使ってみた! ……だが、しかし
世間はコロナウイルスでどんよりですが、あと3日で3月。 一足先に春っぽいアイキャッチを使ってみました。 そしてConoHa VPSにも春がやってきました。...

今回はちょこちょこトラブルはありましたが、無事に実装し終えることができました。

結論から書きますと、

2GBなら十分実用だね
今なら1GBでもいけるかも

感覚で物を言って申し訳ないのですが、私が断念してからの1年で進化を遂げたように思います。
軽くなって、安定した感じ。
アップデートの過程を見てもわかるのですが、あれこれ欲張っていたのを減らしたのでしょう。

導入で躓きやすいポイントは後日記事にまとめるつもりです。
引っ掛かったとしても大した作業にはなりません。

一つ、断言できます。

KUSANAGI使っていてWEXALも無料で使える条件の方なら、絶対に使わないと損です

それくらい軽く、設定簡単で、安定していて、効果抜群です。

スポンサーリンク

WEXALの難点

満点とってもPageSpeed Insightsから改善項目を指摘されます。
具体的には「レンダリングを妨げるリソースの除外」と「使用していないCSSを削除してください」。

CSSのアドレスがWEXALになっていること。
テーマを親テーマにしても他のテーマ(Luxeritas)にしても出ること。
以上2点からWEXAL側の問題と思うのですが、色々試したものの解決できないので諦めました。

どなたか、対処法わかりましたら教えてください!

スポンサーリンク

まとめ

WEXALの導入・WEXALを前提としたカスタマイズについては改めて記します。

もしWEXALに興味を抱かれましたら、下の画像をクリックしてConoHaに入会してみてください。
1000円分のクーポンがもらえますのでお試しできます。

花畑にたたずむ美雲このは

どれだけ高速かは自分で経験してみて

「サイト速度は正義」
きっとこの言葉を実感できるはず!

アドセンス有りでもPageSpeed Insightで100点満点!

超光速サイト実行環境KUSANAGI&WEXAL。
コスパ抜群のレンタルサーバーConoHa。
もっと知りたい方はボタンをクリックしてください。
特集記事の目次が開きます。

この記事を書いた人

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。
ADHD、精神障害者手帳3級所持。
慶應義塾大学商学部卒、専攻はマーケティング(広告・宣伝)
国家一種試験経済職の資格で公安調査庁に入庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。
「小説家になろう」の底辺作者。
WordPress記事は素人の備忘録です。

天満川鈴をフォローする
KUSANAGI for ConoHa
スポンサーリンク
きもおたねっと。
タイトルとURLをコピーしました