小説家になろうにて「キモオタでギャルゲー、それって何の罰ゲーム!?」連載中!

きのここらむ

きのここらむ

「公安調査庁は霞が関なのに本当に残業がないの?」「はい、ありません」

ブラックで知られる霞が関。 朝の3時や5時に役所を出るなんて当たり前です。 最近では「ブラック霞が関」なる本まで出ました。 ブラッ...
きのここらむ

昔は地図にすら載っていなかった公安調査庁の恵比寿研修尞

ただいま公安庁次作の執筆中。 公安庁は恵比寿に研修尞を持っています。 新人は5月の一ヶ月間寝泊まりして、キャリア・ノンキャリア一緒に共同生活を送ります。 ...
きのここらむ

公安調査庁を官庁訪問するにあたって読んでおきたい本・資料5冊

本稿では、公安調査庁を官庁訪問するにあたって読んでおきたい本・資料4冊とプラスアルファを紹介します。 面接対策にお役立てください。 1 内外情勢の回顧と展望...
スポンサーリンク
きのここらむ

公安調査庁で人気のあった雑誌ランキングベスト5(ただし私の主観)

公安調査庁(以下、公安庁)の本庁では多くの雑誌・週刊誌を各課に取り揃えています。 いわゆる総合情報誌系は会員制のものまで含めて、メジャーどころは揃っています。...
きのここらむ

公安庁で優良報告勝ち取りたければ、まずは調査課題を読みましょう

本稿は公安調査庁(以下、公安庁)職員向け、内部向けの記事です。 そんなもの書くつもりなかったんですけど、元記事から切り離したらそうなってしまいました。 ...
きのここらむ

漫画「ヒカルの碁」と「公安調査庁に入りたいならやっておいた方がいいこと」

「公安調査庁に入りたいのですが、やっておいた方がいいことはありますか?」、同庁OBの私がしばしば受ける質問です。その答えの一つとして「ヒカルの碁」を挙げてみました。スパイ仕事と「ヒカルの碁」に果たして何の関係があるのでしょうか?
きのここらむ

元公安調査庁職員が北朝鮮の「スリーパーセル論争」について考察してみる。

「スリーパーセル」論争(以下、本件論争)を覚えていらっしゃいますでしょうか? 3年前、国際政治学者の三浦瑠璃氏がテレビでスリーパーセルなるものの脅威を唱え、右...
きのここらむ

公安庁独自の昇進制度「グリーン」 ~ノンキャリアをキャリアとして処遇するシステム

記事リスト・SNS用のアイキャッチ画像は大阪城の桜。 本来なら満開の桜を愛でる時期ですが。 新型コロナウイルスでそうもいってられません。 早く騒動が収拾し...
きのここらむ

情報取扱における「WHO」の重要性を、コロナ禍におけるトイレットペーパー不足デマを題材にして元インテリジェンス関係者が語ってみる

マスク不足で大勢がパニックした2020年3月。 今度はトイレットペーパーがドラッグストアやスーパーの陳列棚から消えました。 買えなくなるというデマが広がった...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました