【おしらせ】RSSフィード配信を停止しました

KUSANAGIのWP-CLIを使ってサムネイルを高速に再生成する

KUSANAGI for ConoHa
この記事は約8分で読めます。

KUSANAGIにはWP-CLIが予めインストールされています。
このWP-CLIを使うと、コマンドラインで色々と便利なことができます。
今回はその1つ、サムネイル再生成について紹介します。

アイキャッチの画像はKUSANAGIのイメージキャラクター草薙沙耶 ©PRIME STRATEGY

スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

定番プラグイン「Regenerate Thumbnails」もWP-CLIを推奨

サムネイル再生成が必要なのはテーマを変えた時やデザイン・レイアウトを変更したときなど。
多くの記事ではプラグイン、それも「Regenerate Thumbnails」を使えと書いています。

Regenerate Thumbnails
1枚または複数のアップロードした画像のサムネイルを再生成します。画像サイズやテーマの変更時に役立ちます。

それだけ定番中の定番のプラグインであり、かつ方法です。
(Luxeritasのようにテーマ自体がサムネイル再生成機能を持っているものもあり)

まあ、それでもいいのですが。
Regenerate Thumbnailsのページには、こう書いています。

代替案
WP-CLI

もしサーバーのコマンドラインにアクセスできるなら、このプラグインの代わりに、大量のサムネイル処理のために高速 (HTTPリクエストのオーバーヘッドが無い) かつ スクリーン の中で動作できる WP-CLI の使用を強く推奨します。詳しくは media regenerate コマンド のドキュメントを参照してください。

引用:WordPress公式「Regenerate Thumbnails」

なんとRegenerate Thumbnails自らWP-CLIでの作業を推奨しています。
WordPressプラグインにおける作業設定画面上でも同じことが書かれています。

サムネイル再生成はそれくらい重い作業ってことだね

しかも作業中のウィンドウ閉じられないものね

スポンサーリンク

WP-CLIとは?

WP-CLIは、ざっくり言うと、超便利なコマンドラインツールです。
詳しくはこちらに記しています。
ぜひ、あわせてお読みください。

KUSANAGI(ConoHa VPS)のWP-CLIとOSのCRONを使って自動データーベース最適化&自動バックアップをする
本稿ではKUSANAGI(ConoHa VPS)のWP-CLIで自動データーベース最適化および自動バックアップする方法について記します。 WP-CLIはK...

WP-CLIで作業をサムネイル再生成を行うメリットはRegenerate Thumbnailsの述べている通り。

「軽い」からです

Regenerate ThumbnailsでできることはWP-CLIで基本できます。

スポンサーリンク

WP-CLIを使ったサムネイルサイズ一覧の確認

wp media image-size

まず再生成の前にテーマが登録しているサムネイルのサイズを確認してみましょう。
「要らない」という方は「wp media regenerateでサムネイルを再生成する」まで進んで下さい。

ターミナルにログインして次のコマンドを打ち込みます。

cd /home/kusanagi/(プロファイル名)/DocumentRoot
wp media image-size

私の環境ですと、次のようにリストが表示されます。

+--------------+-------+--------+------+-------+
| name | width | height | crop | ratio |
+--------------+-------+--------+------+-------+
| full | | | N/A | N/A |
| 2048x2048 | 2048 | 2048 | soft | N/A |
| 1536x1536 | 1536 | 1536 | soft | N/A |
| large | 800 | 0 | soft | N/A |
| medium_large | 768 | 0 | soft | N/A |
| thumb752x423 | 752 | 423 | hard | 16:9 |
| thumb320 | 640 | 360 | hard | 16:9 |
| thumb640 | 640 | 0 | soft | N/A |
| medium | 500 | 0 | soft | N/A |
| thumb360 | 360 | 0 | soft | N/A |
| thumb160 | 320 | 180 | hard | 16:9 |
| thumb150 | 300 | 300 | hard | 1:1 |
| thumbnail | 300 | 0 | hard | 0:300 |
| thumb120 | 240 | 135 | hard | 16:9 |
| w120_thumb | 240 | 240 | hard | 1:1 |
| thumb100 | 200 | 200 | hard | 1:1 |
| w60_thumb | 120 | 120 | hard | 1:1 |
| thumb120 | 0 | 0 | soft | N/A |
| thumb160 | 0 | 0 | soft | N/A |
| thumb150 | 0 | 0 | soft | N/A |
| thumb752x423 | 0 | 0 | soft | N/A |
| thumb100 | 0 | 0 | soft | N/A |
| thumb640 | 0 | 0 | soft | N/A |
| w60_thumb | 0 | 0 | soft | N/A |
| w120_thumb | 0 | 0 | soft | N/A |
| thumb360 | 0 | 0 | soft | N/A |
| 2048x2048 | 0 | 0 | soft | N/A |
| 1536x1536 | 0 | 0 | soft | N/A |
| thumb320 | 0 | 0 | soft | N/A |
+--------------+-------+--------+------+-------+

多すぎ!というツッコミは無しにしてください
実際に登録されているのは途中までです

表の見方を説明します

widthとheightは解像度。
thumbnailの「300 0」は横幅300固定です。

cropはsoftで加工無し、hardで何らかの条件でトリミング。
「300 300」なら、余った領域をトリミングして処理します。

ratioは画像比率。
「thumbnail」の「0 300」は「このサイズでは縦長のサムネイルを許容しない」という制限です。
(横が300までの設定になっている点に注意、最大で300×300となります)

wp media image-sizeの注意点

あくまでも表示するだけだからね

サムネイルサイズの登録はお使いのテーマのfunctions.phpで行ってください

例えばリスト中のthumb360は私が新しく追加したもの。
こんな感じで書いてやれば生成するサイズを追加できます。

add_image_size('thumb360', 360, 0, false);
スポンサーリンク

WP-CLIを使ったサムネイルの再生成

wp media regenerate

それではサムネイルの再生成をしてみましょう。
ターミナルで次のコマンドを打ち込みます。

cd /home/kusanagi/(プロファイル名)/DocumentRoot
wp media regenerate

たったこれだけ。
(前項から読んでいて、既にDocumentRootに移動している場合は1行目は省略してください)
あとは作業終わるのを待つだけです。

wp media regenerateの主なオプション

–skip-delete

デフォルトでは登録されていないサムネイルを削除します。
この削除をスキップしたい場合は次の通り入力します。

wp media regenerate --skip-delete

違いは、テーマで登録していないサムネイルを残すか削除するかの差です

デフォルトでは過去のサムネイルを全て消去します。
skip-deleteオプションが問題となるのは新しくテーマを変えたとき。
以前のサムネイルを残しておかないと、記事の画像が吹っ飛んでしまうこともあります。

……と書かれると怖いかもしれませんが。

もしオプションつけないで画像が吹っ飛んでも対処できます。
新しいテーマに元のテーマで使ってたサムネイルサイズを登録してサムネイルを作り直しましょう。

–only-missing

作業時間を縮めたいなら、次の通り入力します。

wp media regenerate --only-missing

ざっくり言うと「再生成」を省略して「生成」だけするオプションです。
画質などの問題がない限り、既に正しく存在するものを改めて作り直すのは無駄ですので。

このオプションはむしろ入れた方がいいと思うよ
作業時間まったく違うから

–yes

途中で確認を飛ばしたければ–yesオプションをつけます。

wp media regenerate --yes

もっとも確認なんてほとんどありませんし、つけてもつけなくても構いません。

スポンサーリンク

まとめ

プラグイン入れてWordPress上でGUIで操作した方が楽は楽だけど
WP-CLIだとやっぱり速いね

WP-CLIは本当に便利です
ぜひ試してみてください

author

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。
ADHD、精神障害者手帳3級所持。
慶應義塾大学商学部→国家一種経済職→公安調査庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。
「小説家になろう」の底辺作者。朝鮮総聯へのスパイ工作を描いた小説「キノコ煮込みに秘密のスパイスを」はアマチュア小説ながら週刊誌報道され、話題となった。
WordPress記事は素人の備忘録です。

天満川鈴をフォローする
KUSANAGI for ConoHa
スポンサーリンク
きもおたねっと。
タイトルとURLをコピーしました