小説家になろうにて「キモオタでギャルゲー、それって何の罰ゲーム!?」連載中!

KUSANAGI for ConoHaの1GBプランに変えたら、速度が4倍になった!

KUSANAGI for ConoHa
この記事は約7分で読めます。

此度、サーバーをロリポップ(ライトプラン)から「KUSANAGI for ConoHa(1Gプラン)」に移設しました。
現在は既に移設後の環境で動いています。
本記事では、私がサーバー移行を考えた理由と移行した結果について述べていきます。

(2021年5月12日改訂)

アイキャッチの画像はKUSANAGIのイメージキャラクター草薙沙耶 ©PRIME STRATEGY

スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

「超高速」を謳うKUSANAGIの実力は?

あれこれ言う前に、まずは結果を見ていただきましょう。
使っているテーマは「Lightning」。
ページキャッシュのプラグインは外して計測してます。

サーバー移設前

ロリポップライトプラン、キャッシュ無しでのページ速度分析ツール結果

管理者画面なのでキャッシュ効いてませんが、効かせても4秒前後です。

サーバー移設後

同じくキャッシュを効かせていない状態。

KUSANAGI for ConoHa、キャッシュ無しでのページ速度分析ツール結果

えっと……(7.769÷1.904)×100=

質問者の写真

408%!!!

さらに、ここへキャッシュを効かせると……

ロリポップライトプラン、キャッシュ有りでのページ速度分析ツール結果

質問者の写真

1.315秒!??

体感でわかるなんてものじゃありません。
これまでプラグインの起動だけで0.8秒掛かってたのに。
今まで高速化に掛けた時間がバカらしくなりました。

しかも……

質問者の写真

WordPress管理画面のレスポンスが早い!
記事書いてて気持ちいい!

今までは、記事書く→更新する→遅い……
他の操作にしてもそう。
もうサイトにログインする気すら失せていたのですが、これなら使える!
もっと早く移設していればよかったと心底悔やみます。

管理画面まで速くなるのはKUSANAGIの仕様によるものです。
原理については、こちらをお読みください。

KUSANAGIでWordPressの管理画面まで速くなる原理
超高速CMS実行環境「KUSANAGI」。 サイトが速くなるのはもちろんのこと、管理画面まで速くなります。 思い込み? ...
解答者の写真
ここからは、サーバー移設を考えた経緯及び「KUSANAGI forConoHaって何?」について記します
スポンサーリンク

KUSANAGI

KUSANAGIとは?

解答者の写真
一言でいうと「超高速WordPress仮想マシン」です

本家の紹介ページはこちら。

KUSANAGIとは | KUSANAGI
超高速CMS実行環境

質問者の写真

何を書いてるか、ちんぷんかんぷん……

という方は、こちらの図を御覧ください。

引用元:KUSANAGI公式ページ「KUSANAGIとは?」

なんとなくイメージ湧きません?

質問者の写真

レスポンスは本当にこんな感じの体感できるよ
解答者の写真
下の図は、ぶっちゃけますとワードマジックな面があるかも

1000倍高速化の意味は、こちらを最後まで読むとわかります。
プライム・ストラテジー社長の中村けん牛さまによる連載記事「とにかく速いWordPress」。

WordPress自体のチューニングが必要な理由と高速化の基本的な考え方
企業のCMSサイトやオウンドメディアなどエンタープライズ用途での利用が増加しているWordPressの高速化について解説する連載。初回は、WordPressの高速化が求められる背景や、WordPress高速化の基本的な考え方であるページのロード時間とその構成要素、1秒当たりの同時アクセス数について解説します。
解答者の写真
その上でKUSANAGIがとにかく早いのは事実です
先程の記事も、例えKUSANAGIを使わないにしても一読の価値ありますよ

イメージキャラクター

超高速WordPressマシンKUSANAGI公式ロゴ

画像クリックでKUSANAGI公式サイトへ飛びます

バナー左の女の子はイメージキャラクター「草薙沙耶」です。
最初聞いた時は「攻殻機動隊」かと思いました。
実際にリスペクトなのは間違いでしょう。

マガタマ © PRIME STRATEGY

マガタマ © PRIME STRATEGY

質問者の写真

どう見ても「タチ○マ」……

ネックは料金

2016年の冬、kusanagiの宣伝をあちこちで見かけるようになりました。
当時の私はサーバー移転を検討中。
気になったので調べてみたら、サイトが爆速になるともっぱらの評判でした。
当然、興味も湧きます。

しかし、

質問者の写真

料金高い……

ざっと見ると、どこも月額3千円。
企業ユース前提ですから当然なんですけど。
個人で小さなサイトを運営するには完全に予算オーバーでした。

スポンサーリンク

ConoHa

ConoHaとは?

そう思っていたところに、ConoHa が圧倒的なコスパを誇るという情報を仕入れます。
下の画像をクリックすれば公式ページへ飛びます。
(後述しますが、下の画像経由でConoHaに入会した場合は、通常の公式特典に加えて1000円分のクーポンがもらえます

ConoHa応援団長 美雲このは

美雲このは (C)GMO Internet, Inc. 再利用禁止

画像の女の子は「美雲このは」、応援団長です。
画像をクリックすると「このは通信室」に飛びます。(2020年現在、なくなった様子です)
どこの萌えサイトかと思うでしょうが、れっきとしたパブリッククラウドです。

入会すればVPS(仮想専用サーバー)が利用できます。

質問者の写真

VPSって何? おいしいの?

……という方は次の漫画をお読みください。

第1回:VPSってなに? おいしいの?|ConoHa VPSサポート
ConoHa VPSのご利用ガイド、FAQなどの各種サポート情報をご案内しています。ConoHa VPSは便利なご利用ガイドと専任スタッフのサポートで安心してご利用いただけます。

移転先候補の1つはXSERVERだったのですが月額1000円、それも年間契約しての話。
一方のConoHaは1Gプランで900円(税抜、2016年12月当時)。

質問者の写真

これならいける!
試してみよう!

というわけで、入会してみました。
当時は色々と美味しいキャンペーンやっていたのもありまして。

ConoHa VPS(KUSANAGI)を3年間使った感想

質問者の写真

大満足!

現在まで3年以上にわたり使い続けていて、今後も引っ越そうと思わないくらいに。

もっとも、当サイトからConoHaに入会してくださる方々のおかげでサーバー代が無料になっているという事情もあります。

ConoHaに入会するなら「このとも」経由で特典クーポンをもらうのがオトク!
ConoHaには「このとも」という会員勧誘システムがあります。 新規会員がこのとも経由で入会した場合、入った人と誘った人の両方に特典クーポンが与えられます。 ...
スポンサーリンク

私がサーバー変更を考えた理由

ここからはConoHaに入った当時の私の話です。
過去の話として文体を直していますが、当時と内容はできるだけ変えていません。
参考になりましたら。

1 サイトが遅い・重い

当時、徐々にサイトアクセスが上がってきました。
それでデータを見ていたところ直帰率が高いことに気づきます。
もちろんコンテンツの少ないことが一番の原因ですが、恐らくそれだけじゃない。
Webマーケティングにおける「3秒ルール」を充たしていなかったからです。

解答者の写真
3秒ルールとは「サイトのページ表示速度が3秒を超えると、他サイトへ移動する可能性が高くなること」をいいます

サイトが重ければ他記事を読まないのは自明。
下手すれば、最初の記事すら読み終えずに他サイトへ行っちゃいますもの。
確かに3秒がギリギリ、なんとか2秒くらいにしたいところです。

そこで導入したのが無料CDNのCloudflare。
これでようやく3秒ギリギリ。
しかしあまりにも不安定でサイトダウンの憂き目に遭い、やむなく使用を中止しました。

Cloudflareの導入、そして実体験に基づくデメリット ~PageSpeed InsightsとGTmetrixのスコアを改善してみる(最終回)
本記事は、KUSANAGI for ConoHa(1Gプラン)でPageSpeed InsightsとGTmetrixのスコア改善を図った過程です。 6回目は...

2 サイトを常時SSL化したい

理由は3つありました。

  • Let’s Encrypt を使えば無料で常時SSL化できるのに、当時のロリポップは対応していなかった(現在は対応)。
  • 公安調査庁関係で質問メールが増えた。そのためセキュリティを上げる必要性があった。
  • SEO対策。googleが常時SSL化しているサイトを優遇する方針を打ち出していた。

3 決断のトリガー

元々そんな感じで移転を検討していたのですが……。

次の記事をアップしたときのことでした。

WELQの記事を分解して、元の記事と比較して、記事構造を調べてみた ~引用以前の問題?
キュレーションサイトWELQの記事がパクリ・著作権侵害であると大炎上しました。被害者の医師は「引用以前の問題でヤバい」と激怒。どのくらいヤバいか。記事を分解して構造を分析、悪質で巧妙な著作権ロンダリングを晒してみました。図解入りで分かりやすいです。

注目されていたテーマのせいか、アップ直後数分で30程度のアクセス。
(大した数字じゃありませんが、本サイトでは異例のことです)

すると……

質問者の写真

管理画面がフリーズしちゃった!

たった30でこれだと、もっとアクセス来たらどうなるんだ……

質問者の写真

サーバー変える!

決断した瞬間でした。

スポンサーリンク

まとめ

導入が簡単といわれるConoHaですが、WordPressを導入するより遥かに手間がかかりました。
黒い画面に慣れていればまったく問題ないのでしょうけど、私はまったく触ったことなかったので。
逆に言えば、そんな人間でも導入でき、かつ3年間やってこれたということです。

解答者の写真
KUSANAGI Managerのある現在なら、もっと楽にいけるでしょう
ぜひConoHaで超早なKUSANAGIを堪能してみてください!
アドセンス有りでもPageSpeed Insightで100点満点!

超光速サイト実行環境KUSANAGI&WEXAL。
コスパ抜群のレンタルサーバーConoHa。
もっと知りたい方はボタンをクリックしてください。
特集記事の目次が開きます。

この記事を書いた人

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。
ADHD、精神障害者手帳3級所持。
慶應義塾大学商学部卒、専攻はマーケティング(広告・宣伝)
国家一種試験経済職の資格で公安調査庁に入庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。
「小説家になろう」の底辺作者。
WordPress記事は素人の備忘録です。

天満川鈴をフォローする
KUSANAGI for ConoHa
スポンサーリンク
きもおたねっと。
タイトルとURLをコピーしました