黒歴史? 「こんな弟クンは欲しくありませんか?」の歴代一話を並べてみた

この記事は約19分で読めます。

小説・創作

 4番目(現在 ~最終改稿から2年半近く経過しての書換え)

 

「なあなあ、そこのカノジョ♪」

 隣に立つおにいさんが誰かをナンパしている。
 とさかみたいなリーゼントに甚兵衛服。
 一体何十年前のファッションなのだろう?
 冷房が効いているはずなのに暑苦しく感じる。

 というか辺りには俺しかいない。
 つまりヤンキーさんは一人で話している。
 いわゆるエアナンパ?
 やだ、怖い。
 格好も怖いなら、頭も怖い。

 関わり合いになりたくない人は無視をしてと。

 もう一度メールを確認しよう。
 携帯を開く。

【From:天満川観音みね To:天満川小町
 Sub:待ち合わせの時間と場所
 19:30に新大阪駅新幹線改札まで迎えに行くけえ、それに合わせてんさいね】

 姉貴と会うのも久しぶりだな。
 中学最後の夏休み。
 こうして大阪旅行できるのも、姉貴が新幹線のチケットを送ってくれたおかげだ。

 しかし何度見ても時計は一七時四五分。
 早く着きすぎたなあ。
 せっかくだし、駅周辺を観光したいんだけど……。

「返事してえな、べっぴんさん♪」

 新大阪駅って、大きくてわかりづらいなあ。
 上には看板があるけど、出口がいっぱいありすぎる。
 地元の広島駅みたく、南口と新幹線口だけならわかりやすいのに。

 とりあえず【正面口】と書いてる矢印の方向に向かってみようか。
 正面って書いてるからにはきっとそこがいわゆる正門なんだろう。

「待ちいな」

 ──うわっ! ヤンキーさんに肩を掴まれた!

「なんですか!」

「道に迷ってるみたいやん、俺が案内したろか?」

「結構です」

 ヤンキーさんの手を払う。
 早く逃げよう。目を合わせない様に……。

 今度は前に立ち塞がってきた。

「ええやんか、ちょっとそこらでお茶でもせえへん?」

 しつこいよ。

「おにいさん」

「ああ、ええなあ」

「はい?」

「そのハスキーなボーイズソプラノ。そんな声で『おにいさん』とか呼ばれると、弟の様な妹の様な。一度で二度美味しいやんか」

 こいつは変態か。

「おっさん」

「おっさんちゃうわ」

「僕も『カノジョ』とも『べっぴんさん』とも違います。立派な『男』です」

 そう、俺の性別はオトコ。

「またまたあ、そないなん言われて誰が信じるん」

 そして、このヤンキーさんの言うとおり。
 俺はオンナ顔なんてかわいいものじゃない。
 ホントに外見女の子。
 いわゆる「男の娘」などというふざけた呼称のまさにそれ。

 誰をナンパしてるかだって、もちろん気づいてた。
 でも、そんな現実認めたくないから無視してたのに!

 おにいさんに始まった話じゃない。
 親友と思ってたヤツから「付き合って」と告白された時の気分はもうね!
 しかも肝心の女の子からは全くモテないっていうね!

 だいたい、この「小町」って名前はどうにかならないの?
 母さん曰く、「あんた生まれた時ぶち可愛うてから女の子じゃあ思うたけん」。
 それならまだしかたないって思った。
 だけど姉貴が本当の理由を教えてくれた。
 「広島市の地図にダーツを投げて当たった町名で名付けただけ。私の名前も同じ」
 うちの親は死ねばいいんだ。

 みんな「綺麗」とか「麗しい」とか言うけど、そんなの男への褒め言葉じゃないよ。
 誰か一人くらい「格好いい」って言ってくれてもいいじゃないか。

 おにいさんが顔を近づけてきた。
 タバコとシンナーが混じった口臭。
 吐き気がしそう。

「胸ぺったんこやねんけどノーブラやん。それって俺の事誘ってるんちゃうん?」

 キレた。

 眉間にしわを寄せながら斜にかまえる。
 いわゆるヤンキーのポーズ。

「のう」

 ヤンキーさんがびくっとした。
 一気に畳みかけてやる。

「黙っとりゃあカバチばかりたれやがって。なめとるとぶちしばくぞ?」

「あ……え……と……」

 んじゃさようなら。
 広島弁って実にハッタリが効く。
 ああ、なんて素晴らしい。

「……いい!」

「え?」

 背後から思わぬ言葉が聞こえてきた。

「その顔その声でそのギャップのある台詞、めっちゃゾクゾクするやん。近くのラブホでもっともっと、もっと俺の事を叱ってえな!」

 やば……。
 まさか、この人……。
 ホントのホントに危ない人?

 振り向き、ヤンキーさんのすねを思い切り蹴り飛ばす。

「いたっ! 何すんねん!」

 ヤンキーさんの動きが止まる。
 今だ!
 床を蹴り上げ一気にダッシュ!

「待ってえな、俺と愛し合おう、なっ?」

 そんな恥ずかしい台詞を叫びながら追いかけてくるのはやめて!
 とにかく逃げないと!
 どこを走ってるかわからなくなってるけど、とにかく撒かないと!

 姉貴助けて! 大阪って怖すぎます!


Author:天満川 鈴

社会の底辺に住まうパチンカス、ADHD(精神障害3級)
元公安調査庁職員。
国家一種経済職→入庁。イスラム過激派などの国際テロ、北朝鮮を担当。
朝鮮総聯へのスパイ工作を描いた小説「キノコ煮込みに秘密のスパイスを は週刊誌で紹介され、さらに推理・歴史作家の鈴木輝一郎先生から「江戸川乱歩賞獲れた」と絶賛。素人の小説としては異例の反響を呼びました。
無料公開してますので是非読んでみてください!