小説家になろうにて「キモオタでギャルゲー、それって何の罰ゲーム!?」連載中!

KUSANAGIのマルチサイト機能でブログを簡単に分割する

KUSANAGI for ConoHa
この記事は約6分で読めます。

本記事は、私がメインサイト「きもおたねっと。」から本サイトを分離してマルチサイト化した理由と方法・管理の記録です。

私はたった数日前までマルチサイトの概念すら知りませんでした。
サイトを1つ作る度にドメインとIPを1個ずつ確保しないといけないのかと思ってました。
そんな人間の書く記事ですので、ある意味ライトユーザーな方には参考になるのではないでしょうか。

もちろん分離ではなく、複数サイトを建てたいという方にも当てはまる内容。
一読していただけると幸いです。

アイキャッチの画像はKUSANAGIのイメージキャラクター草薙沙耶 ©PRIME STRATEGY

スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

サイト分離を考え、はてなにブログを作り、挫折するまで

こちらをお読み下さい。興味ない方は飛ばして下さい。

記事削除済み、一言で言えば「色んな理由で挫折した」という内容です。

きもおたねっと。
小説展示・紹介、公安調査庁などインテリジェンス・スパイ、時事評論・日記
スポンサーリンク

KUSANAGIでサイト分割するのを決めるまで

WordPressならそこそこわかる。
ということで、どんな方法があるのか調べてみました。

まず引っ掛かったのが、WordPressのマルチサイト機能。

質問者の写真

ドメイン1個でサイト幾つも作れるんだ!?

恥ずかしながら、そこから始まりました。

しかし読んでみると……抵抗をかなり感じました。
マルチサイトにしたら動かなくなるプラグインあるらしいし。
管理が超面倒くさそうだし。
ADHDな私だと、間違えてサイトごと消してしまいそう。
今でも子テーマフォルダに親テーマ入れてしまうことしょっちゅうなのに。

他にないかと調べてみたところ、次の記事に行き着きました。

はじめてのKUSANAGI
この記事は、KUSANAGI Advent Calenderの3日目のエントリになります。 KUSANAGI速い簡単安全、ということで、今まで色んな所でKUSANAGIの話をしました。 おれとKUSA

おおっ! こんな機能が!

読んでみると、どうやら他サーバーを借りるのと変わらない感じで作れそう。
とりあえずやってみるか。

スポンサーリンク

サブドメイン型とディレクトリ型を調べる

先の記事には次の通り書いてました。

KUSANAGIでは、複数回 kusanagi provisionを実行することで、サブドメイン型のマルチサイトを構築できます。

まず「サブドメイン型とは何ぞや?」というのがあるのですが。
調べてみるとマルチサイトにはサブドメイン型とディレクトリ型があるらしい。

サブドメイン型とディレクトリ型

サブドメイン型:wordpress.kimoota.net/
ディレクトリ型:kimoota.net/wordpress/

大きなポイントはSEO。
色々読んだのですが、その内の一つ。

サブドメインとサブディレクトリ、どちらがSEO対策に有利? | SEO Packの最新SEO情報ブログ 初心者もすぐわかる
SEO Packのブログ「サブドメインとサブディレクトリ、どちらがSEO対策に有利?」の記事です。

関連がある場合はディレクトリ型の方が有利という話もある。
でも私の場合、親サイトと子サイトのテーマは全く関連性がない。
どちらを選んでも変わらなさそう。

質問者の写真

じゃあサブドメイン型でいいや

なおマルチドメイン型も「マルチサイト」と呼ぶ場合もあります。
マルチドメイン型につきましては、こちらの記事をお読みください。

追加IPを取得し、マルチドメインでサイトを構築してみる【KUSANAGI for ConoHa】
本記事は、KUSANAGI for ConoHaにおいて、1つのVPSで、マルチドメインで、現在のIPとは異なるIPを用いて別サイトを構築する手順を説明するもの...
スポンサーリンク

導入方法

サブドメイン名を決めて、ネームサーバーに登録する。

WordPress専門サイトなので、迷うことなくwordpress。
ムームードメインなら、次の通り打ち込みます。

サブドメイン:wordpress
レコード:A
内容:現在使っているIP

KUSANAGIでプロビジョニングする。

KUSANAGIのプロビジョニング | KUSANAGI
超高速CMS実行環境

既にKUSANAGIで構築しているはずなので、説明は割愛。
ほぼ全く同じ作業をするだけです。

ただし一点だけ。
終わった後で、次のコマンドを実行します。

kusanagi ssl --email  【自分のメールアドレス】 【プロファイル名】

これをしないとSSLが効きません。
終わったらWordPressをインストールします。

WordPressインストール後の処理

プラグインAll-in-One WP Migrationで丸ごと移し、WordPress系の記事以外を全削除。
公開し終えたところで、メインサイトの方を301リダイレクト設定。

いちいちファイル叩いていられないのでプラグインに甘えます。
301リダイレクトには、Nginxでも動くsimple 301 redirectsが便利です。

Simple 301 Redirects by BetterLinks
シンプル301リダイレクトを使用すると、サイトの別のページやウェブ上の別のページにリクエストをリダイレクトする簡単な方法が提供されます。

次いでカテゴリとグローバルナビの再設定。
別サイト用に作ったアドセンスに差し替え。
CSSの調整をします。

さらに要らないコードを両方から削ります。
例えば、本サイト側でしたらHighlight.js絡み。
WordPress記事以外でコードを入力することは基本ありませんから無駄になります。

最後にconfファイルでキャッシュの調整をします。
メインサイトとは別々にやらないといけないので御注意を。

スポンサーリンク

作った感想

質問者の写真

呆気なくできちゃった!

サイト速度にも全然影響ありません。
これならもっと早く作ればよかったなあ。
KUSANAGIどこまでありがたい。

手間は、テーマの更新やファイルの更新をそれぞれでやらないといけないこと。
メインの環境がある程度完成してから分離した方がいいです。

ただ管理はしやすい。
黒い画面(ターミナル)における各サイトの移動は次のコマンドで行います。

# kusanagi target [profile]

環境構築終わっていれば、さほど黒い画面に向かうこともありませんが。

スポンサーリンク

まとめ

記事が増えていくにつれサイトがカオスになっていき、来訪者の利便性を損ねます。
カテゴリやタグで対処するにも限界があります。
サイト分割を検討するのも一手でしょう。

解答者の写真
KUSANAGIでのマルチサイト構築は本当に簡単
同じ要領でテストサーバーも構築できます
よかったら試してみてね
スポンサーリンク

追記【2021年4月21日】

現在は再びサイトを一本化しています。
どうしてもそうしないといけなかったためです。
理由とマルチサイトを元に戻す方法につきましてはこちらをお読みください。

サブドメインによるマルチサイトを元に戻してみた、そしてドハマリした【KUSANAGI】
本記事は、KUSANAGIでマルチサイト化(サブドメイン方式)で分割したサイトを元に戻すまでの過程を記すものです。 思わぬところでドハマリしました……。 ...
アドセンス有りでもPageSpeed Insightで100点満点!

超光速サイト実行環境KUSANAGI&WEXAL。
コスパ抜群のレンタルサーバーConoHa。
もっと知りたい方はボタンをクリックしてください。
特集記事の目次が開きます。

この記事を書いた人

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。
ADHD、精神障害者手帳3級所持。
慶應義塾大学商学部卒、専攻はマーケティング(広告・宣伝)
国家一種試験経済職の資格で公安調査庁に入庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。
「小説家になろう」の底辺作者。
WordPress記事は素人の備忘録です。

天満川鈴をフォローする
KUSANAGI for ConoHa
スポンサーリンク
きもおたねっと。
タイトルとURLをコピーしました