wp-config.phpの設定 ~KUSANAGIの公式セキュリティ設定をする際の注意点

この記事は約2分で読めます。

KUSANAGI for ConoHa

本記事はKUSANAGI公式の「推奨セキュリティページ」通りに設定するとエラーが出てしまう件について述べるものです。
私だけでなく他の方でも同じケースを確認したので記しておきます。

症状

公式ページには、次の通り書かれています(コマンドは省略)

1-1-4 wp-config.phpを一つ上の階層へ移動

wp-config.phpを一つ上の階層へ移動します。次のように入力します。

……(略)……

1-2-4 wp-config.phpのオーナーを変更

次のように入力し、オーナーをWebサーバーからkusanagiユーザーへ変更します。

1-2-5 wp-config.phpのパーミッションを変更

オーナーを変更したら、wp-config.phpのパーミッションを440(r– r– —)にし、書き込みができないよう変更します。

ところがこの通りにすると500エラーを吐いて停止します。
結局場所を移動せず放置。
先日試しにもう一度ファイルを移動してみたら動いたので「ま、いっか」と流してました。

すると、同じ方を発見しました。

解決法

wp-config.phpのパーミッションは644にする

先日のアップデートで実装されたセキュリティタブも644でOKが出ているので間違いありません。

上記記事を読んでパーミッションを見直したところ644になってました。
いつの間に変えたんだろう、記憶にないのですが。

本来、wp-config.phpはできるだけ厳しく設定しておくべきです。
公式に書かれている通り440や400。
まあ644でも、フォルダ階層変えてるし大丈夫じゃないでしょうか。

なお、私と先述のブログの著者curo様の共通点はConoHaということくらい。
ConoHaだから云々ということはないと思いますので仕様なのでしょう。

まとめ

解答者の写真

もし同じ現象になったらwp-config.phpのパーミッションを644にするか、ファイルの位置を元に戻して。
コマンド分からなくてもSFTPソフト立ち上げられるようにしておけばすぐできるから。

もし「440でファイル移動して動いてるよ~」という方は教えていただけると幸いです。