追加IPを取得し、マルチドメインでサイトを構築してみる【KUSANAGI for ConoHa】

この記事は約6分で読めます。

KUSANAGI for ConoHa

KUSANAGIのイメージキャラクター草薙沙耶 ©PRIME STRATEGY

本記事は、KUSANAGI for ConoHaにおいて、1つのVPSで、マルチドメインで、現在のIPとは異なるIPを用いて別サイトを構築する手順を説明するものです。

ConoHaにも説明ページはあるのですが、初心者にはわかりづらいと思い、記してみることにしました。
少なくとも私は手間取ったので……。
あまり必要とする方はいないと思いますが、どなたかのお役に立てれば幸いです。

マルチサイトの構築パターン

「マルチドメイン=全くの別ドメイン」とわかる方は本項を飛ばして下さい。

まず、ここから行きます。
マルチサイトの構築パターンは次の3つあります。

  • サブディレクトリ型
  • サブドメイン型
  • マルチドメイン型

サブディレクトリ型

例えば当サイトでWordPressの別サイトを作るとすると、「https://kimoota.net/wordpress/」という形で作るものです。
SEOに強い(親ドメインのパワーをそのまま引き継げる)のが長所、構築するのが手間という短所があります。

サブドメイン型

「https://wordpress.kimoota.net/」という形で作るもの。
KUSANAGIの場合は簡単に作れます。

短所はサブディレクトリ型と比較して親ドメインのパワーを引き継げないことです(=SEO上弱い)。

マルチドメイン型

「https://wordpress.net」という、全く別のドメインで作るもの。
別サイトですのでSEO上の恩恵は皆無です。

今回問題となるのはこれです。

それぞれのサイト構築とIP

サブディレクトリ型とサブドメイン型の場合、通常はまず親ドメインと同じIPで作ります。
IPを分ける意味がないからです。

マルチドメイン型でも、IPが本サイトと同一でいいのであれば以下の話は必要ありません。
KUSANAGIの場合はサブドメイン型と同じ方法で作れます(試したわけじゃありませんが、方法論として同じになるはず)。

ただ、何らかの必要に迫られて別IPでサイトを構築する場合もあるでしょう。
その際の手法は二通りあります。

一つは、VPSそのものを追加する。
予算的に許すなら、これが楽です。

もう一つは追加IPを取得して同一VPSに立てる。
ConoHaの場合はIPを月額350円で追加できます。
VPSを追加するよりは確実に安く上がります。
ただし、ややこしい手順が必要。
本記事は、この手順を噛み砕いて説明するものとなります。

構築手順

1.ConoHaで追加IPを取得する

ここは公式ページの「追加IPアドレスの申し込みと、VPSへの割り当て」~「ネットワークインターフェースの確認」がわかりやすいので、説明通りに設定していけば大丈夫です。

一度設定したら一ヶ月は解約できないこと。
割り当てる際にVPSは停止すること。
この2点に御注意ください。

2.ドメインを取得して設定する

通常のサイト構築と同じです。
ドメインを取得し、上で設定したIPアドレスに設定します。

3.VPSの設定

初心者にとって難関はここからです。

まず、公式ページには次の通り書かれています。

この後ネットワークインターフェイスに対してIPアドレスの割り当てなど設定を行う必要があり、この設定はOS毎に異なります。各OSのマニュアルなどをご参照ください。
(引用元:ConoHa公式

となってます。
一見して戸惑うところです。
しかし、

ここでは一例として、引き続きCentOSでの設定例をご紹介します。

KUSANAGIはCentOSなので、そのまま読み進めて大丈夫です。

ネットワークインターフェイス(eth1)の設定ファイルを作成

公式ページから引用します。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
DEVICE=eth1
TYPE=Ethernet
HWADDR=[インターフェイスのMACアドレス]
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=no
BOOTPROTO=static
IPADDR=[追加IPアドレス]
NETMASK=[追加IPアドレスのネットマスク]

要はKUSANAGIにログインして、この通りにターミナルで打ち込めばいいわけです。
これでわかる人は公式ページの説明で大丈夫と思われますので、そのまま進めてください。

しかしピンと来ない人も多いだろうと思います。
(そもそも編集画面が出てきた時点で、どう編集すればいいかわからない場合も)

そこでSFTPクライアントを使って、ダイレクトにファイルを編集します。
KUSANAGIを使っているならWinSCPなど何らかのクライアントは導入しているはずですので。

ネットワークインターフェイス(eth1)の設定ファイルを作成(初心者用)

ローカルで「ifcfg-eth1」(拡張子無し)という名前のファイルを作成し、次の内容を記述する

DEVICE=eth1
TYPE=Ethernet
HWADDR=[インターフェイスのMACアドレス]
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=no
BOOTPROTO=static
IPADDR=[追加IPアドレス]
NETMASK=[追加IPアドレスのネットマスク]

ここで、[]は不要です。
例えばIPが111.11.111.11なら、

IPADDR=111.11.111.11

と記述します。

次いでクライアント経由で普段通りにアクセスし、etc→sysconfig→network-scriptsとフォルダを辿ります。
ここにifcfg-eth1ファイルをアップロードします。

経路テーブルの編集(初心者用)

etc→iproute2とフォルダを辿り「rt_tables」ファイルを開きます。

#
# reserved values
#
255 local
254 main
253 default
0 unspec
#
# local
#
#1 inr.ruhep

こう記されているはずです。
253の下に次の行を追加します

201 gate1

他の場所でもいいのかも知れませんが、とりあえずこの場所で動いてます。

ローカルで次の内容の「rule-eth1」ファイルを作成します。

from [追加IPアドレス] table gate1

ローカルで次の内容の「route-eth1」ファイルを作成します。

default via [追加IPアドレスのゲートウェイ] table gate1

「rule-eth1」と「route-eth1」の2つのファイルを/etc/sysconfig/network-scriptsフォルダにアップロードします。

ここでターミナルに移動します。
KUSANAGIにログインして、次のコマンドを打ち込みます。

$ systemctl restart network

4.WordPressインストール

KUSANAGIに新しいIPでログインします。
あとはいつも通り、次のページの手順に従ってプロビジョニングとインストールをして下さい。

終われば、追加IPに割り振られた新ドメインのサイトが立ち上がるはずです。

まとめ

私は一応、コマンドの意味もわかりますし使えます。
でも操作するのがめんどくさいんです!
黒い画面見るのも嫌なんです!
慣れた人にとっては、どうってことない作業なんでしょうけど……。

ただ、そんな私でも何とかなったということで。
この記事通りにやれば構築できるはずですので頑張って下さい!