小説家になろうにて「キモオタでギャルゲー、それって何の罰ゲーム!?」連載中!

フレッドアップデート対策でアドセンスを減らして、キーワード率を調整した結果【SEO】

IT雑記
この記事は約5分で読めます。

質問者の写真

フレッドアップデートって本当にアドセンスの貼りすぎが原因なのかなあ?
 
解答者の写真
そう言われてるけど、どうしたの?
 

質問者の写真

アドセンス減らしてみたんだけど、順位は全然変わらなかった……
でもなぜか広告収益は増えた!
 
解答者の写真
よかったじゃない
 
スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

広告数を減らしてみた結果

広告数を減らしてみる

この記事からの続きです。

Googleのフレッドアップデートにやられた! ~私が回復を祈って採った対策【SEO】
3月8日頃に行われたフレッドアップデート。SEO関係者とブログサイトの運営者はパニックに陥ってます。私も大打撃を受けました。以下、被害と対策法について記し...

フレッドアップデートはアドセンスの貼りすぎor記事内に貼るのが原因という話だったので減らしてみました。
元々4つと、上限解放前の3つを上回っていましたし。

フレッドアップデート前のアドセンス配置
最初のH2、最後のH2、記事下ダブルレクタングル

↓次の通り変更

フレッドアップデート後のアドセンス配置
記事下ダブルレクタングル、ページナビ上

記事内からは撤去しましたし、広告が原因ならこれで検索順位が復活するはず。

検索順位は変わらず、しかし……

斜め上の方向での効果が出ました。

記事内からアドセンスを撤去した直後から広告収益が跳ね上がりました。

元の収益が少ないだけに何とも言えないのですが。
管理画面を見ると、単純にCPC(クリック単価)が上がっています。

これは推測ですが、

 記事内広告を撤去した
→記事中の離脱率下がった(あるいは下がると受け取られた)
→記事直後のクリックは意思を持ったクリックと言われている
→ダブルレクタングル部分のオークション入札が高まった

という感じなのかなあと。
元々記事内広告はクリック数多い割にクリック単価低かったんですよね。
それがフレッドアップデート以降どんどん収益減っていって、どうしようと頭抱えていたところ。
直接対策として役立ったわけではありませんが、僥倖でした。

結論

解答者の写真
フレッドアップデートと広告数・場所は関係ないっぽいわね
 
スポンサーリンク

キーワード率を調整してみた結果

キーワードを減らす、ページ分割をなくす

さて、私が自ら疑った「キーワード率の判定がシビアになった」。
これを意識してキーワード率を調整しました。

例えば次の記事。

Simple GA RankingでGoogle Analyticsを利用した人気記事ウィジェットを作ってサイトを高速化する(Cocoon完全対応)
Simple GA Rankingを使ってサイドバーに人気記事を表示する方法を紹介します。Google Analyticsのデータを利用しているため、他のWordPressプラグインと比較すると負担が軽く、サイトの高速化に役立ちます。導入手順は面倒ですが本記事通りにすればきっとできます。

フレッドアップデート後に「Simple GA Ranking」のキーワードで3位でした。
しかし、次のことをしたところ、順位が8~9位まで下がります。

  • 記事の分量を増やす。
  • 「GA」と略していたのを「Simple GA Ranking」に書き換える。
  • 2ページ分割する(prev/nextタグはテーマ標準で入ってる、ソースを見ても用法に誤りはない)。

そこで、次の措置をとりました。

  • 「GA」表記に戻す。
  • ページ分割を解除する。

順位戻った!

質問者の写真

検索結果4位に上がったよ!
 

予想通りでした。
キーワード率かページ分割のどちらかが検索順位決定に影響を与えています。
(文章は全く変えていない)

ただページ分割はprev/nextタグを入れていればSEO上変わらないはず。
また別記事でページ分割だけを止めてみたところ、順位変動はありませんでした。
なのでキーワード率が問題なのかな……と。

3位まで戻っていないということは、噂されている通り記事分量も影響を与えていそう。
長くなるとマイナスというより、もっと複合的な要素で決められてる気がします。
ここはもう素人の手に負える領域じゃなさそうなのでスルーです。

ただ、この記事で訳分からないのが……。

キーワード「Luxeritas」でも8位くらいに出るようになりました。
下記事と入れ替わりで。

トップページ記事リスト(一覧)をタイル化し高さを揃える【プラグイン不要、コピペでOK】 ~Luxeritasカスタマイズ
LuxeritasとLightningでサイトorブログのトップページ記事リスト(一覧)をタイル化し、高さを揃えて表示する方法を紹介します。プラグインは不要です。

なんで?
Luxeritas用のコード書いてるだけでLuxeritasとほとんど関係ないのに。

特に本サイトには、思い切りLuxeritasについて記した記事があります。

速い! 多機能! SEOに強い! 神テーマLuxeritasの紹介と設定(2020年2月改訂、v3.7)
本記事ではWordPressテーマ「Luxeritas」の紹介、および私の行っている設定について記します。 Luxeritasは国産無料という枠で捉えるな...

1ドメイン1キーワード1コンテンツ表示なら、これら2つの方がよっぽど表示されていいはずなのに。
フレッドアップデート、わけわかりません。

ただ効果あったのは事実。
ダメ元で本文からキーワードを減らしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

フレッドアップデートをめぐる疑問点

疑問点1 サーチコンソールには検索順位が出ているのに結果には表示されない

ただ……こちらの記事。
先記事と同じようにキーワードを減らしました。
違うのはページ分割はしたままという点(正しくはどちらも試した)。

公安調査庁パンフレット解説・官庁訪問対策 ~スパイになりたいあなたへ【2021年度版アップデート】
公安調査庁は情報機関、働く人はインテリジェンス・オフィサーと呼ばれるスパイです。同庁の採用パンフレットと官庁訪問対策を元職員が解説します。謎の実態を知りたい方、ちょっと立ち寄ってみませんか?

サーチコンソール上はキーワード「公安調査庁」で6位から4位に上がりました。
しかし検索結果には表示されません。
他の公安調査庁関連記事のキーワード出現率も変更してみたのですが変わらず。
「公安調査庁 官庁訪問」、「公安庁」などでは出るのに。

何かのペナルティを食らっている状況だと思うのですが……。
フレッドアップデートのせいなのは検索結果に出なくなった日付からして間違いない。
いったい何が原因なのか。

疑問点2 「フレッドアップデート」のキーワードで検索結果から消えた

前回の記事は書いてしばらくは載っていたのですが、後に消えました。
さらに現在は復活しましたが……なぜか、こちらの記事と入れ替わりました。

フレッドアップデートによる記事の再編集について
3月8~9日にかけ、Googleの検索アルゴリズムがアップデートされました(フレッドアップデート)。 これにより本サイトは大打撃を受けました。 (逆に向上し...

noindexにし忘れていた……。
それでも基準がよくわかりません。
次のクロールが来たら入れ替わるんじゃないかと思いますけど。

単純にgoogleのAIがオバカになった。
そんな気がしなくもないです。

スポンサーリンク

まとめ

解答者の写真
また何かわかったら報せるわね
 
アドセンス有りでもPageSpeed Insightで100点満点!

超光速サイト実行環境KUSANAGI&WEXAL。
コスパ抜群のレンタルサーバーConoHa。
もっと知りたい方はボタンをクリックしてください。
特集記事の目次が開きます。

この記事を書いた人

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。
ADHD、精神障害者手帳3級所持。
慶應義塾大学商学部卒、専攻はマーケティング(広告・宣伝)
国家一種試験経済職の資格で公安調査庁に入庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。
「小説家になろう」の底辺作者。
WordPress記事は素人の備忘録です。

天満川鈴をフォローする
IT雑記
スポンサーリンク
きもおたねっと。
タイトルとURLをコピーしました