小説家になろうにて「キモオタでギャルゲー、それって何の罰ゲーム!?」連載中!

きのここらむ

スポンサーリンク
きのここらむ

朝鮮大学校物語(ヤン ヨンヒ)【書評】

朝鮮大学校物語(ISBN: 4044000921)は映画監督のヤン ヨンヒ(梁 英姫)氏が書いた小説です。 タイトル通り、朝鮮大学校を舞台とする珍しい作品です...
きのここらむ

麻生幾氏の「評論」と裏側の「現実」の比較 ~公安調査庁における実例より

本記事では、ある事実が記し方などによって印象の変わる例を紹介します。 具体的には麻生幾氏の評論「情報、官邸に達せず」の一文につき、その裏側にある現実を説明しま...
きのここらむ

大学新入生は過激派系サークルの勧誘に御注意ください ~公安調査庁の注意喚起コラム

入学シーズンもたけなわ。 大学新入生の皆様は楽しい毎日をお過ごしのことだろうと思います。 恐らくサークルに勧誘されて、タダ飯タダ酒飲みまくって。 この辺り...
スポンサーリンク
きのここらむ

公安調査庁官庁訪問面接再現その2 ~会話は相手がいて初めて成り立つものです【就活】

本記事では公安調査庁(公安庁)で私が原課訪問を受けたときの面接を再現します。 極めて特殊な例ですが実話、こちらに続くシリーズとなります。 なお今...
きのここらむ

公安調査庁官庁訪問面接再現 ~学歴関係なしの例、東大法学部でも普通に蹴られます

本記事では公安調査庁(公安庁)で私が原課訪問を受けたときの面接を再現します。 極めて特殊な例ですが実話。 こんな感想までいただいてますが、本当に...
きのここらむ

ハゲでも格好いい人はいる ~私の認識を変えてくれた外国人スパイ

豊田真由子衆院議員の騒動すごいですね……。 「この、ハゲーーーーーっ!」が今年の流行語大賞になりそうな勢いで広まっています。 本記事は「ハゲ」について私...
きのここらむ

公安調査庁の学歴と処遇 ~採用案内に書かれた「人物本位」を信じてみよう【官庁訪問】

本稿では公安調査庁(以下、公安庁)の採用・採用後の処遇と学歴について記します。 私は別記事にて公安調査庁の採用パンフレットの説明をしているのですが、その関係で...
きのここらむ

実録・北の三叉路(安宿緑)【書評】

実録・北の三叉路(ISBN: 978-4575309683)は元朝鮮総聯勤務員の女性ライター安宿緑氏が書いた本。 暴露という意味では大した事書いていません。 ...
きのここらむ

WEBマガジン「イオ」 ~気軽に朝鮮総聯を知りたい方へ

イオは朝鮮新報社の発行している、朝鮮総聯のライト層向け機関紙です。 イオWebマガジン 昔は紙の月刊雑誌でした(現在もあるようですが) 紙書籍の見本はこち...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました