小説家になろうにて「キモオタでギャルゲー、それって何の罰ゲーム!?」連載中!

WEBマガジン「イオ」 ~気軽に朝鮮総聯を知りたい方へ

きのここらむ
この記事は約2分で読めます。

イオは朝鮮新報社の発行している、朝鮮総聯のライト層向け機関紙です。

イオWebマガジン

昔は紙の月刊雑誌でした(現在もあるようですが)
紙書籍の見本はこちら、なんと20年前の記事から再掲してます。

http://www.io-web.net/store/ リンク切れ

と言いますか、職場で朝鮮担当していた頃に読んだ記事だったり。
無料でおおっぴらに読めるなんて時代も変わったとしみじみするものがあります。

スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

一般人でも気軽に朝鮮総聯を学べる媒体

イオは深刻化する組織離れに対処するため発刊された雑誌。
「朝鮮新報なんて読まない! 読めない!」という人向けに作られたものです。
それゆえ全く北朝鮮や在日社会と縁の無い一般人でも楽しめるよう、配慮して作られています。

政治系以外のコラムは普通の雑誌と変わりません。
もちろん生活コラムも朝鮮料理の紹介とか在日の生活と根付くものが多いですが、むしろ「こんな生活してるんだ」と知的好奇心の方が擽られると思います。
楽しみながら総聯を学べるでしょう。

私は治安系の官公庁を目指す人には、あまり関連本やサイトを薦めないようにしています。
煽り本が多いので。
ただイオは朝鮮総聯がどういう組織か知るメリットの方が優ります。
組織(名称など)に関する知識はあった方が仕事にもすんなり入れますし、一般職でなおかつ北朝鮮がどうしてもやりたいという方は読むのを勧めます。
慣れたら朝鮮新報もあわせてどうぞ、できればハングル語版で(なお、イオは日本語のみです)。

スポンサーリンク

イオで紹介されていた美味しい焼肉店「新羅会館」

私の経験上、イオで紹介された朝鮮料理系の飲食店に外れはありません。
グルメマガジンとしても活用できます。
昔は今みたいにネットが発達してなかったこともあって、かなりありがたく活用させていただいてました。

イオで紹介された店の中で一番大当たりだったのが、大阪ミナミの焼肉店「新羅会館」。

焼肉 新羅会館 家族亭
ジャンル:焼肉
アクセス:大阪市営千日前線なんば駅25番口 徒歩2分
住所:〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-4-7(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび なんば(難波)×焼肉
情報掲載日:2016年11月26日

「キムタクの行くお店」として紹介されていました
もう、とろけるお肉にびっくり!
特に美味しかったのはレバー、まったく臭みがなくて柔らかくて感動しました。
それでいてお値段も二人で4000円からとリーズナブル、コスパに優れます。
ミナミの焼肉とくれば韓国領事館御用達の韓日館ですが、私はこちらの方が好きです。
(韓日館もお薦めですが、高い……)

自信持って薦めますし、これまで連れていった人達も全員大満足しています。
よろしければ行ってみてください。

キノコ煮込みに秘密のスパイスを

OBによる公安調査庁のお仕事をリアルに描いたラブコメ&サスペンス。
小説家になろうでは総合ランキングに入ったことのないド底辺のネット小説です。
一方で、
・週刊誌に「日本のスノーデン」呼ばわりでYahoo!ニュースになり。
・偉い作家先生から「乱歩賞獲れたミステリ」と絶賛され。
・出版社では「これを世に出すのは危険」とお蔵入りにされ。
あれこれ曰く付きの小説、あなたも読んでみませんか?
お気に召しましたら拡散していただけると嬉しいです。

この記事を書いた人

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。
ADHD、精神障害者手帳3級所持。
慶應義塾大学商学部卒、専攻はマーケティング(広告・宣伝)
国家一種試験経済職の資格で公安調査庁に入庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。
「小説家になろう」の底辺作者。
WordPress記事は素人の備忘録です。

天満川鈴をフォローする
きのここらむ
スポンサーリンク
きもおたねっと。
タイトルとURLをコピーしました