ConoHaが接続障害以来、やたら重くなっていた件と対処法について

この記事は約4分で読めます。

KUSANAGI for ConoHa

本記事は2017年4月5日に発生したConoHa通信障害の症状と復旧までの顛末です。

VPSの再起動すらできない!

一週間ほど前の深夜、サイトが急激に重くなりました。
もうカスタマイズは一通り終えているので、恐らく自分が原因ではない。
こういう場合、疑うのはサーバー(VPS)。
TeraTermを立ち上げて……いつものKUSANAGIのロゴが表示されない!

まあ、これくらいはたまにあること。
一旦閉じて再び起動、今度は無事立ち上がる。
続けてrebootを入力……VPSが立ち上がらない!

焦ってConoHaにログイン。
VPSの表示は起動になっている。
改めてコントロールパネルから再起動を直接入力、今度は立ち上がる。
どういうこと?

KUSANAGIのアップデートも進まない!

KUSANAGIのアップデートが来ていたので、そっちを疑ってみる。
またロゴが表示されない。
しばらく待つ……さらに待つ……ひたすら待つ……やっと表示。
いつも通りに「yum update」、更新がはじま……らない。
しばらく待つ(以下略)、ようやく始まる。
しかし進行がやたら遅い、1行進むのに1分は掛かるという感じ。
もうここで明らかにおかしいことに気づく。
数十分後アップデートを終えるも当然に症状は変わらず。
これはさすがに通信障害だろう。

案の定、翌日夕方にConoHaから通信障害の報告が出されました。

平素はConoHaをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

下記日時におきまして、ConoHaにおいて障害が発生しておりました。
お客様には大変ご不便をおかけいたしましたことを深くお詫び申しあげます。

 発生日時 : 2017年04月05日(水) 17時35分頃
 復旧日時 : 2017年04月05日(水) 20時40分頃
 対象   : 東京リージョンの各サービス
 事象   : 断続的な通信品質の低下
 原因   : ネットワークの高負荷が発生
 対応   : 負荷軽減対策を実施し正常に通信ができることを確認しました。
        また、根本対策として改めてメンテナンスを予定しております。

復旧から回復しても速度が戻らない

しかし復旧の報せが出たのはいいのですが「つながる」だけ。
サイトはとにかく重い。
記事を書こうにも「下書きとして保存」を押すだけでイラつく状況。
以前に契約していた某サーバーってこうだったよなあ……だから更新やめちゃったんだっけ、とか思いつつ。

ただ、ConoHaのメッセージボードには次の通り書かれていました。

また、根本対策として改めてメンテナンスを予定しております。

これを信じてしばらく待つことに。

しかし1週間放置して再びサイトにアクセスしたところ、やっぱり重い。
3秒どころじゃありません。
表示速度遅いと離脱率下がるという理屈がよくわかる。

ようやく速度が回復

といっても、未だに改善されていないのも変な気がする。
そこで次の手を打ってみました。

TeraTermからFastCGIをクリアする→reboot

しかしVPSが立ち上がらない!
まだか! まだ解決していないのか!
さすがに卓袱台引っ繰り返したくなりました。

ここで再度ConoHaにログイン、コンパネから再起動。
すると、

質問者の写真

速度戻った!
 

やっとです。
やっと、以前のConoHaの快適な速度が戻ってきました。
ちゃんとサイトもすぐに表示されるし、下書き押してもすぐに更新される。

いや……正確には以前以上に快適になってます。
表示にもたついていたメディアライブラリまでもが一瞬で表示されるように。
今までのはいったいなんだったんだ。
兆候は出てたんだなあ^^;

よかった、よかった。
このまま安定してくれればいいのですが……。

ConoHaがおかしいと感じた場合の直接再起動かける方法

通信障害に限らず、何かの原因でTeraTermなどから操作してもダメなときはあります。
特に500系のエラーが発生した場合。
そういうときはコントロールパネルから直接再起動をかけることで治る場合があります。
(以前に経験済み、ConoHaのサポートで教えてもらいました)

本サイトですと私みたいなライトユーザーが多いと思いますので、方法を記しておきます。

案外これで本当に治ります(以降も安定します)。
理屈はわかりませんがダメ元で試してみて下さい。

まとめ

解答者の写真
この一週間くらいでConoHaが遅くなったと嘆いてる方。
試しにキャッシュクリアしてVPSを再起動してみて。
もしかしたら治るかも