Windows3.1 ~XPまでのWindowsはひどかった【きもおたこらむ】

この記事は約4分で読めます。

日記・雑記

By: Shardayyy

 

Windows3.1

冒頭の画像はWindows95。
これが出た1995年は、まさにIT革命と呼ぶべき年でした。
インターネットの一般的普及が始まる。
それまでPC9801シリーズ一色、一部でAppleだった日本市場はDOS/Vに塗り替えられる。
エロゲーもどんどんWindows用にシフトする……これはどうでもいいですね(笑)

Windows3.1は、95の前のバージョン。
もう古すぎて、若い方だと想像すらつかないと思います。
その3.1、果たしてどんなWindowsだったのでしょうか?

拙作からの引用

キモオタでギャルゲー、それって何の罰ゲーム!? 」EP67より

〔ジャン♪〕

 再び警告音とともにダイアログ。

【このプログラムは不正な処理を行いました】

 ちょっ!
 なんだこれ!

 まあ、まだ大して打ってない。
 再び起動して……。

〔ジャン♪〕

【このプログラムは不正な処理を行いました】

「うがああああああああああああああああ!」

「WindowsってDOSより使いやすいけど、エラーが頻発するのが難点だよね。すぐにフリーズするし、ブルースクリーンになるし」

「元の世界のWindows、エラーなんてほとんどないんだが」

 少なくとも俺が使ったXP以降は。

「えっ、何それ! そのWindowsすごくほしい!」

 そこ、驚くところなのかよ……。

 そういえばXPより前は不安定でひどかったって話を聞いたような。
 職場の先輩が「だからXPは神なんだよ」とか言ってたっけ。
 でも、まさかここまでひどいとは。
 なるほど、「神」の呼称は決して大袈裟ではない。

「ジャン♪」はネタじゃありませんからね!

この頃のWindowsは本当にひどかったです。

「ジャン♪」→エラー

の繰り返し。
ネタじゃなく、本当にそうなんです。
なんせ、こんな感想頂いたくらいですから。

〔ジャン♪〕

たったコレだけの文字列で、結構色々と思い出すもんだなぁ(遠い目

共感できる方は立派なおっさんです。

ちょっと気を許すとエラーで文書吹っ飛ぶ。
砂時計出てはパソコン自体がフリーズ。
主人公じゃありませんが、何度「うがああああああ!」と叫んだことか。
何度マウスを投げつけたことか。

もう不安定とかそんな言葉で語れる次元じゃありませんでした。
現在と比べると地獄の一言に尽きます。

それでも3.1は「ついにWindowsも使い物になった」、そう評されたバージョンでした。
作中で二葉が、エラーのないWindowsなんてあるのかみたいに言ってますが、当時はそういう認識。
Windowsはエラーしてフリーズして当たり前なんです。

1995年は歴史的変革を迎えた年

作品舞台の翌年である1995年、世界は人間が石器を発明したくらいの大転換期を迎えます。

Windows95の発売によってPCの使い勝手が一気に上がりました。
標準でインターネットエクスプローラーも搭載されました(誰も使う人はいませんでしたが)。

革命とまで呼ばれ、日本中は大騒ぎ。
パソコン買わなければダメだ!みたいな空気で、みんなこぞって電気屋へ。
店頭には安いDOS/V互換機が並び、一般家庭にも一気にパソコンが普及しました。

94年と95年はそれほどまでに違います。
作品の感想欄で、こんな質問をいただいたことがあります。

なぜ20年前?

作者の都合としては、94年が色々と不自由な最後の年だからです

しかし95もやっぱり不安定(安定面では3.1よりひどかったです)。
結局、Me(2000年)まで不安定なまま。
現在みたいに安定して使える様になったのはXPでNT系に切り替わってからです。
(正確にはMeの前のWindows2000で安定してましたが、一般向けに普及していたわけでなく、使えないソフトもかなりありました)

XPが出た時、どれだけの人が絶賛したか。
結局サポート切れるまで、みんな使い続けましたからね……。

Windowsを乗りかえるタイミング。

Windowsは俗に、一代おきに買うのがよいと言われてます。
まとめると、

3.1  →そこそこ
95  →便利になった代わりに多くの問題が発生。
98  →2nd Editionは神。
Me  →産廃(間違いなく、一番ひどい)
XP  →神!
Vista →産廃
7  →神!
8 →ダメダメ(8.1で普通?)
10 →神!

本当に一代おきのサイクル続いちゃってます。
10は完成形じゃないですかね? 動作まで軽くなりましたし。

さて、次はどうなることやら……。