「小説家になろう」お節介リレーシリーズその2 ツイッターでの宣伝には固定ツイートを!

この記事は約3分で読めます。

2015-06-18短編

 現在、私の活動報告に連続してコメントをくれる奇特な作者様が二人います。
 TさんとGさんとしましょうか。
 きっと二人ともおっさんで私もおっさん。
 つまりおっさん三人衆です。

 そしてGさんがある時、こんなことを書きました。

「Tさんと仲が良さそうで焼き餅~(笑)」

 それを読んだ私、ゾクッときたり。
 そういう台詞を聞いたなら、もっともっと妬かせたくなるのが男心というもの。
 おっさん二人が自分を取り合うなんて……ああ、なんと素敵なのでしょう。
 私ってなんて罪なオトコ。
 二人が自分のためにケンカなんかしようものなら最高じゃないですか。
 ええ、オトコはみんな性悪なんです。

 というわけで、Gさんをもっと妬かせるべく、Tさんの真似をしてみました。
 初心者作者(?)の見落としがちなポイントをエッセイにしてみるというのを。

 以下、本題です。

                    ※※※

 自作品をツイッターで宣伝している方多いと思います。
 私もその一人、まだ始めて一週間も経ってませんが。

 さて自分の宣伝がどれだけ広まるかは、自分がどれだけ他作者の宣伝をRT(リツイート)するかに掛かってます。
 自分の作品を宣伝してくれる人を助けたくなるのは人情というもの。
 ぶっちゃけ打算でもありますけど。
 そこはどちらでも納得できるかと思います。

 でも……時々困ることがあります。
 その方と既にフォロー関係にあるなら、そして既に拡散しているならいいんですけど……
 問題はそうじゃない場合。

 お返しのリツイートをしに、その人の宣伝ツイートを探しに行きます。
 すると……

一点目 どれが本当に宣伝したいツイートなのかわからない。
 やたらといっぱいあって、しかもメイン作品がどれかもわからない場合ですね……。
二点目 それ以前に宣伝ツイートそのものが見つからない。

 そういう方ってやっぱりリツイートしまくってますから、肝心のその方のツイートが埋もれちゃってるんですよ。

 そうならないための機能が「固定ツイート機能」。
 これによって先頭に宣伝ツイートを固定することができます。

【5/22追記 具体的な方法】
 固定したいツイートの「…」をクリック
→「プロフィールページに固定する」をクリック

 なぜこの記事を書くかというと、私自身が一昨日に気づいたから。
 そして固定ツイートしてない人が一人や二人ですまなかったから。
 で、結局見つけられずにお返しRTできなかった人もいたから。

 ええ、単にお返ししやすくするための私の都合。
 もしかしたら見つけ方があって、それを知らない私が悪いのかもしれません。
 でも宣伝機会を一つ失っていることには変わりないでしょう。

 というわけでもう一度言います。
 固定ツイート機能を活用しましょう。

【5/22追記 スマホで固定ツイートする場合について】

・chromeの右端にある縦に三つならんだ点をタップ
→「PC版サイトを見る」にチェック
→あとは上記方法と同じ(クリックはタップに読みかえてください)

【10/2修正 Androidで固定ツイートする場合について】

 固定したいツイートを長押し

→「プロフィールページに固定する」という項目が現れるのでタップ

 

                     ※※※

 これを読んだGさんはどんなキモチかなあ。
 それを思うだけで今晩はワクワクして眠れなくなりそうです。

 

【以下、ツイッター上における読了報告】

kotei01

 

kotei02