GoogleAdSenseがサイトに表示されなくなったときにチェックしたい落とし穴

この記事は約4分で読めます。

2021年1月27日IT雑記

ブログ運営者なら誰もが大好きGoogleAdSense。
しかしもし突然AdSenseがサイトに表示されなくなったら……。
想像するだけで背筋寒くなりませんか?

実はここ一ヶ月、その憂き目に遭ってました。
本稿はトラブルシューティングの過程、そして盲点だったと呼ぶべきに結論について記します。

気づいたら収益が一ヶ月間ゼロ!

本サイトは本格的に収益化を意識して運営しているわけではありません。
ちょっとしたお小遣いになればいい程度の感覚。
そのためAdsenseのページも頻繁にはチェックしてません。

しかしたまたまAdsenseを開いたところ……

質問者の写真

収益がゼロ!?
 

もともと収益額が少ないサイトですので1日単位でゼロなら珍しくはありません。
しかし一ヶ月にわたりゼロでした。
さすがにおかしいと自サイトを見たところ

質問者の写真

AdSenseが表示されてない!
 

トラブルシューティングにのりだしました。

よくあるケースはAdsenseのポリシー違反

今までAdsenseが表示されていたのに突如表示されなくなった場合、

解答者の写真
原因として多いのはポリシー違反です
 

質問者の写真

まさか「Adsense狩り」を受けた!?
 

何年もサイト運営してきて、さすがに今更規約違反にあたる行為なんてしませんので。
恨まれる心当たりもアクセスもないんですけど。
愉快犯的にやる人も世の中にはいますから。

ポリシー違反の場合はAdsense運営から配信停止をするメールが送られてきます。
見落としがないかメールボックスをチェック。

質問者の写真

幸い(?)ポリシー違反じゃなかったよ
 

まあある意味では本当に幸い。
復活手続面倒くさそうなので。

やりがちな「広告除去ソフト・プラグイン」の実行

次に思いつくケースが

解答者の写真
「広告除去ソフト・プラグイン」の実行
 

ただしこれは「表示されない原因」であって「配信が止まる原因」ではありません。
簡単に言い換えると「自分のパソコン限定」の話です。
収益ゼロなので今回の現象が後者なのは明らかなんですけど一応チェックします。

質問者の写真

当然ながら違ってたよ
 

起因は「テーマのアップデート」にあった!

しかしこうなると原因が思い浮かばない。
いや、もしかしたら……

質問者の写真

WordPressのアップデート?
 

ここのところ不具合起こすアップデート目立ってる気がするし。
だけどそれならもっと大騒ぎになってるだろうし、検索すれば即ヒットするはず。

とりあえずAdsenseを貼り替えてみようか。
外観の「ウィジェット」を開きます。

すると……

質問者の写真

Adsenseのウィジェットが全部外れてる!
 

原因が判明しました。
そりゃウィジェットが外れていれば表示されるわけないわ。

だけど、

どうしてこうなった?

サイト自体、ここのところ放置気味。
もちろんカスタマイズ部分なんて触ってないのに。

いや、ほとんど手を入れてないからこそ思い出しました。
1か月前にやったこと。
それは、

質問者の写真

テーマのアップデート!
 

私の使っているテーマはLuxeritas。
年末にふと思い出したのでアップデートしました。
恐らくきっかけはこれです。

ウィジェットを設定し直す。

質問者の写真

表示された!
 

解決、解決♪

まとめ

実は、

解答者の写真
この現象は、Luxeritasから他のテーマに切り替えたときと同じです
 

LuxeritasのAdSenseウィジェットはテーマオリジナル。
そのため他のテーマに設定すると全て外れてしまいます。
他のテーマでは対応してませんので。

きっとアップデートの際にテーマを一旦外してから設定し直したのと同じになってしまったのでしょう。
私の人為的ミスなのか、テーマの当該バージョンに問題があったのか。
真の理由は判然としませんが原因はわかったので、深く考えないことにしました。

私とまったく同じでなくとも。
テーマを何にしようか迷っている段階ですとやりがちなミスだと思います。
くれぐれもお気を付けください。

 

この記事を書いた人:天満川鈴

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。

ADHD、精神障害者手帳3級所持。

慶應義塾大学商学部→国家一種経済職→公安調査庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。

「小説家になろう」の底辺作者。
朝鮮総聯へのスパイ工作を描いた小説「キノコ煮込みに秘密のスパイスを」はアマチュア小説ながら週刊誌報道され、話題となった。

Posted by 天満川鈴