小説家になろうにて「キモオタでギャルゲー、それって何の罰ゲーム!?」連載中!

WordPressテーマ「Simplicity」よ、ありがとう!

IT雑記
この記事は約5分で読めます。

ワードプレスっての入れたのはいいけど、何したらいいかわかんない……

【2021/5/11追記】

この記事は「テーマを何にする?」という記事だったものを改題・改稿したものです。
当初は同じ題名でリライトする予定だったのですが、当時が懐かしくなってタイトルも変えました。
テーマ選びについては後日改めて書きます。

スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

公式テーマ「Twenty Fourteen」を開いた時の衝撃

初めてページを開いたとき、私は途方に暮れました。

ドメイン打ち込んだら、ちゃんとサイト見えたでしょ?

これ、ただのブログじゃん
こんなのやだ……

ここから自分の好きな様に飾り付けして作っていくの
まずは、土台となるテーマを選ぼうね

スポンサーリンク

テーマ探しの旅へ

公式テーマはホントに空っぽ。
だから私は、余計に何していいかわかりませんでした。

当時はカスタマイズの知識なんてまったくありません。
できればデフォルトのまま、あまりいじらずにすむ方がいい。
そう思ってデザインよさそうなテーマを片っ端から入れて見ました。

……が、やっぱり何していいかわかりませんでした。
なんせ、プラグインの概念すら知らなかったくらいですもの。

もうダメ、作る前に挫折しそう!

というわけで、「小説家になろう」にて、挫折しないためのエッセイ「WEBサイトを作ってみる」連載開始。

これで挫折したら恥だ!

いわゆる有言実行ってやつですね。

ここで一旦立ち止まって考えてみる。

テーマは多くの利用者が使っているのを選ぶといいわ
広く使われていれば情報もいっぱいあるはずだしね

そうか!

調べて調べて、行き着いたのがSTINGERでした。

スポンサーリンク

STINGER

【公式】STINGER STORE
WordPressテーマ・プラグイン販売サイト

現在は有料ですが、当時は無料。
ダントツで一番人気でした。

検索すると絶賛の嵐。
「STINGER使ったらこんなにアクセスアップしました」とか。
これならカスタマイズ情報には困らなさそう。

見よう見まねで、あーでもないこーでもないと試してみる。
たかがサイドバーを逆にするのがこんなに苦労するのかとか思ったり。

でもこれまでのテーマよりは一歩ずつ進んでる。
さすが評判は伊達じゃない。
外観を変えるにはstyle.cssというスタイルシートをいじればいいんだ。
ついに、そこまでは理解できました。

やった、私ってすごい!

そう思ったのも束の間でした。

何をやろうとしたのか既に忘れてしまったのですが。
fuctions.phpを書き換えたところ、動かなくなる。
慌てて戻すとすぐに動く。
なんだろう?
何回やってもうまくいきません、やり方は合ってるはずなのに。

……ダメだ

諦めよう。他のテーマを探そう。
そんなわけでSTINGERとお別れになりました。

スポンサーリンク

Simplicity

Simplicityの長所

しかし、そのおかげで素晴らしいテーマに出逢いました。

Simplicity
内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマを公開しています。初心者でも出来る限り分かりやすく使えるように作成しました。

その名はSimplicity。
無料テーマの中で最近伸びているってことで入れてみたんですが、もうびっくりしました。

何が素晴らしいか?
それは、

初心者フレンドリーという点において他の追随を許さない出来だったことです

カスタマイズがテーマ内のカスタマイザーにチェックを入れていくだけで、多くのことができます。
STINGERでの苦労はなんだったのか。
全部テーマ内の設定でできちゃいました。

しかも公式ページにはサポートフォーラムがあります。
トラブルになっても、ズバリの答えが載っていたりします。

加えてSEO施策済で、しかも速い。
初心者が使うなら、Simplicity以外にありえません。
当時はそう思っていましたが、いま当時に戻ったとしても断言します。
それくらい、当時においてはズバ抜けたテーマでした。

Simplicityの欠点

ただSimplicityにも欠点はあります。
それは「ファイルが細々しすぎていること」。
中身が超のつくくらい複雑なんです。

カスタマイザーをいじって終わる程度でサイトを立ち上げてもいいのですが……
やっぱ、自分の納得いくものを作りたいですよね?
でも一旦中をいじるとなると、Simplicityの場合は他のテーマよりわかりづらいんです。
とあるサイトに「single.phpの中にあるよ~」と書かれていても、Simplicityは違うってのざらです。

ただし一旦わかってしまえば他のテーマと同じ、あるいは楽に感じられます。
そこはもう慣れです。

スポンサーリンク

Simplicityを卒業

これだけ大満足していたSimplicityでしたが、1年半使った後、色々な理由で卒業します。
以降はLightning、Luxeritasと乗り換え、現在はCocoon。
結局Simplicityの系譜を継ぐテーマに戻ってきました。

私にカスタマイズの基礎を教えてくれたSimplicity。
本当にありがとう!

スポンサーリンク

まとめ

以上、著者の昔語りでした

いまどんなテーマを選べばいいかは、こちらの記事をどうぞ

初心者のWordPressテーマ選び、CocoonがLuxeritasと比較して優れていると評価できる3つのポイント
WordPress無料テーマ2大巨頭と呼びうる「Cocoon」と「Luxeritas」。 どちらも多機能・高速・SEO最適化済み。 特に構造化データ対策につ...
アドセンス有りでもPageSpeed Insightで100点満点!

超光速サイト実行環境KUSANAGI&WEXAL。
コスパ抜群のレンタルサーバーConoHa。
もっと知りたい方はボタンをクリックしてください。
特集記事の目次が開きます。

この記事を書いた人

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。
ADHD、精神障害者手帳3級所持。
慶應義塾大学商学部卒、専攻はマーケティング(広告・宣伝)
国家一種試験経済職の資格で公安調査庁に入庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。
「小説家になろう」の底辺作者。
WordPress記事は素人の備忘録です。

天満川鈴をフォローする
IT雑記
スポンサーリンク
きもおたねっと。
タイトルとURLをコピーしました