新型コロナウイルスが某パチンコ屋の営業にもたらした影響

この記事は約4分で読めます。

パチンコパチスロ

日本でも着々と広まりつつある新型コロナウイルス。
過去に国のお役人だった私としては、政府の後手後手も「(色んな意味で)何年経っても変わらないんだなあ」という目で眺めていたりするのですが。
だんだん他人事じゃなくなってきた気がします。

本記事では私の働いているパチンコ店で起こった現象について記します。

自店で起こったこと

マスクの転売がネット上の話題になり始めたのは1月中旬頃からでしょうか。
1月末には、マスク1箱4万円というニュースまで流れました。

上のニュースを見た直後、部長と話す。

解答者の写真
カウンターでマスク配布サービスやってるんですけどね
実は問題が生じまして……
 

質問者の写真

どうしたんです?
 
解答者の写真
ちょっと目を放すと、マスクが全部なくなってるんですよ
 

質問者の写真

はああ!?
 
解答者の写真
「お一人様1枚まで」って書いてるんですけど、一気に持ち逃げされちゃうみたいで
しかたないので申し出た人に渡す方式に切り替えたんですけどね
既に在庫がつきかけていて、次の入荷まで10日は掛かると言われています……
 

 

質問者の写真

なんてこった
 

パチンコ屋でトイレットペーパーを全部持ち帰る客というのは割といます。
ただ、これはむしろ「負けた腹いせ」。
「せめてトイレットペーパー代だけでも取り返す」という気持ちもあるにはあるかも知れませんが。

パチ屋の店員として当然止めていただきたいのはもちろん。
私自身がこの被害に遭って、泣く泣く手で拭いて出たこともあります。

一方で同情の気持ちが湧かなくもない。
哀れむというのが正しいかもですけど。

しかしサービス用のマスクを全部持ち帰るのは、ちょっとトイレットペーパーとは違う気がします。
お店で手に入らないから持ち帰るのか、転売するために持ち帰るのか。
いずれにせよ「実利」が動機なのがハッキリしているだけに寒々しいものがあります。

質問者の写真

こんなんだからパチンカスは底辺って言われるんだよ……
 

もちろん、私も底辺の1人ですけど!
それでも困ってる人に1枚ずつでもいいからマスクが行き届いてほしい。
そのくらいの感覚は失わずにいたいものです。

ただし……自虐を込めてパチンカス呼ばわりもしましたが、もしかしたら最初から客じゃないかもしれません。
ホールが配布サービスをやってるの知っていて、最初から持ち逃げ目的で店に入ってくる人とか。
可能性としては否定できないわけで、もっと怖くなります。

なお、パチンコ店のマスク配布は単なる慈善だけで行っているものでもありません。
客からスタッフに、あるいは客から他の客に伝染るのを予防する。
いわば自店を守る目的も兼ねています。

質問者の写真

ですので希望する御客様は遠慮せず申し出てください
あるいは節度を守って持っていってください
 

日本政府も悪いと思う

新型コロナウィルスの陽性反応者が立ち寄ったということで臨時休業に踏み切ったパチンコ店も出たそうです。
政府はこれ以上パニックが加速する前に何とかしてくれませんか?

特に経済産業省。

ネット通販業界を所管する経済産業省も「価格は需給で決まるもの」と通販事業者や出品者に価格の適正化を要請することには後ろ向きだ。

引用:産経新聞:通販サイトでのマスク価格高騰、政府対応は後手に 経産省「価格は需給で決まる」 

質問者の写真

経産省バカすぎ
 

ようやく動き出したみたいですが、この呑気なツイート。

質問者の写真

1億枚で需給が安定するという根拠を示してもらえますか?
1億という数字だけで信じてもらえると考えたのなら、とことん私達をバカにしくさってますよね?
 

これだから、官僚は……。
「自分が一番偉い」と思うのも大概にしてほしいです。

※当サイトの会話アイコンはカスタムキャストで作成しています。©2018-2019 Custom Cast, Inc.
この記事を書いた人:天満川 鈴

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。

ADHD、精神障害者手帳3級所持。

慶應義塾大学商学部→国家一種経済職→公安調査庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。

「小説家になろう」の底辺作者。
朝鮮総聯へのスパイ工作を描いた小説「キノコ煮込みに秘密のスパイスを」はアマチュア小説ながら週刊誌報道され、話題となった。

Posted by 天満川 鈴