【大人の発達障害・ADHD】精神障害者手帳交付されました! ~広島市での取得期間と短縮するコツ

この記事は約4分で読めます。

ADHD

ADHDが認定され、精神障害者手帳もらえました。
等級は3級です。

本当は半月前にもらえるはずだったのですが……例のごとく忘れたまま放置していました。
この際ですので、疑った理由から手帳取得までの流れを所要期間中心にまとめ直してみたいと思います。

ADHDと疑う~初診予約までの期間

私が疑ったのは2016年11月初旬。
すぐに電話を入れて取れた予約が同11月30日。
約1か月掛かってます。

これでも、私はとんでもなく恵まれていたみたいです。
例えば「アラサー女の成人ADHD記録」ですと、初診まで半年先と書かれています。

「大人ADHD 月子の生き方」でも、なかなか大変そう……。

発達障害についての初診日から半年経過しないと、障害者手帳は交付してもらえません。

鬱など他の症状での通院歴があってもダメです。

疑ったら一刻も早く予約をとってください。

こういうときは衝動性こそADHDの武器なはずです。
自称でADHD名乗っても、ADHD当事者からも健常者からもウザがられるだけなのは強調しておきます。

初診の内容

初診で「ADHDかも」と言ったところで、恐らくこんな感じで言われます。

まず検査して、問診を重ねて、その上で判断します

当たり前ですが、すぐ診断が下るわけではありません。
具体的には次のことを聞かれると思います。

  • 現在困っていること
  • 小さい頃の状況、それを証明できる人はいるか
  • 家族に発達障害はいるか、あるいは疑われるのはいるか(遺伝要素が大きいため)
上記事項を予めまとめて書いておくと診察がスムーズに進みます。
できるだけ詳細に、数多く。

少しでも短縮するために是非!

ADHD診断までの期間

続いて検査の予約。
私の場合は検査が3日後、検査結果報告が2週間後。
そこで「残念ですが……」とADHDの診断が下りました。
予約取って47日、初診から17日です。

普通こんなに早く診断されることはないみたいです。
本人だけでなく近親者などとの問診を重ねて判断するとか。
しかし私の場合、検査結果がほぼADHDと断定できるものだったので。

詳しくはこちら。

閑話:自立支援医療申請

この時点で初診から半年経過していればいいのですが、そうでない場合は自立支援医療を先に申請します。
申請が通れば、以降の診察代と薬代が無料(広島市の場合、自治体によっては1割負担など)となります。

逆に、申請しないととんでもないことになります。
ストラテラ40mgの薬価は1錠461円。

最大1日3錠まで飲みますので1383円×30×0.3=12447円
2錠なら約8000円。
これはかなりの負担じゃありませんか?
しかも一生飲み続ける代物ですので。

自立支援医療は申請して1か月くらいで出ます。
ただし診断書が書き上がるまで1~2週間掛かりますので、合わせて1か月半くらいとなります

半年経過~診断書もらう~提出

半年経過となる5月30日手前に診断書を依頼。
2週間後に書き上がって、すぐにその足で役所へ行って提出しました。
ADHDはとかく忘れがち。

「もらう→出す」は同じ日にした方がいいです。

広島市の場合、申請の際に写真は不要です。
ただし持っていった方が後の手間は省けます。
いずれにしても写真4×3cmを2枚忘れずに!

私もフォロワーさんから念を押されました。

ありがたや(-∧-;) 

精神障害者認定~交付

認定そのものは7月初旬に下りました。
約2週間です。
ただし交付まではさらに2週間、7月18日から可能でした。

そして、なぜ8月回って交付を受けているのかというと……

質問者の写真

忘れてたから!

皆様は気をつけてくださいね……。

まとめ

昨年11月1日に思い立って、11月30日に初診、7月18日に交付。
思い立った日からはか8か月半、初診からは7か月半。
他の方の話に比較すると恐ろしく早いです。

解答者の写真
すごいわ、広島市!