小説家になろうにて「キモオタでギャルゲー、それって何の罰ゲーム!?」連載中!

Cocoonでプラグイン「Site Kit by Google」が動かない!

Cocoon
この記事は約2分で読めます。

Google謹製の公式WordPressプラグイン「Site Kit by Google」。
手軽に管理画面でGoogle Analytics、Google、Search Console、AdSenseの統計データをチェックできる優れもの。
利用者は多いと思いますし、もちろん私も使っています。

しかし此度テーマをLuxeritasからCocoonに変えたところ、Site Kitが動かなくなりました。
本稿はその対処法です。

スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

トラブルシューティング

具体的な症状

Site Kitを入れると管理バーにナビが表示されます。

ホバーすると統計情報が出ます。
こんな感じ。

 

しかしテーマを変更したところ、ホバーしても情報が表示されなくなってしまいました。
上の画像のままということです。

原因の切り分け

WordPressのトラブルシューティングを行うにあたっては原因の切り分けをしないといけません。
本件の場合、テーマを変更して動かなくなったわけですから、原因はテーマにあります。

しかしCocoon自体の仕様としてSite Kitが動かないなら騒ぎになります。
つまり、原因は、テーマ自体には恐らくありません。

解答者の写真
いわゆる「おまかん」
自サイトにおける「テーマの設定」に問題があります

この手のトラブルの多くは高速化に伴うもの。
特にjs絡みです。
(HTMLやCSSの場合は、動かないのではなく表示がおかしくなるのが基本)

対処法

Cocoon設定の「高速化」タブの「JavaScriptを縮小化する」のチェックを外します。

 

質問者の写真

動いた!

デフォルトだと縮小機能は無効だったと思うので、設定したのは私。
まさに「おまかん」なんですけどね。

スポンサーリンク

まとめ

本件の注意点として。

私のサイトではWEXALを使っています。
WEXALでもjsを縮小しますので、Cocoonの縮小機能と相性が悪かった可能性はあります。
WEXALを使っていなければCocoonの縮小機能を使っても普通に動くのかもしれません。

質問者の写真

あくまで著者の場合の解決パターンだからね
解答者の写真
ただ他のテーマでも、あるいは他のプラグインでも
高速化設定、特にjs絡みを見直すことで解決図れるパターンが多いです
プラグインが動かない場合は疑ってみるのを忘れないでください
アドセンス有りでもPageSpeed Insightで100点満点!

超光速サイト実行環境KUSANAGI&WEXAL。
コスパ抜群のレンタルサーバーConoHa。
もっと知りたい方はボタンをクリックしてください。
特集記事の目次が開きます。

この記事を書いた人

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。
ADHD、精神障害者手帳3級所持。
慶應義塾大学商学部卒、専攻はマーケティング(広告・宣伝)
国家一種試験経済職の資格で公安調査庁に入庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。
「小説家になろう」の底辺作者。
WordPress記事は素人の備忘録です。

天満川鈴をフォローする
Cocoon
スポンサーリンク
きもおたねっと。
タイトルとURLをコピーしました