小説家になろうにて「キモオタでギャルゲー、それって何の罰ゲーム!?」連載中!

パソコンケースのUSB3.0端子をマザーボードのUSB2.0に対応させる方法

ライフハック
この記事は約5分で読めます。

私はいわゆるSandyおじさん。
自分の用途ではcore i7-2600Kで十分なため、Windows10のサポート切れるまでは使い続けるつもりです。
(Win11はSandy Bridge非対応なのでOS乗りかえる時はPC乗り換え必須)
ただ、PCケースはAntec P180。
15年使ってボロボロなのでさすがに買い換えることにしました。

しかし新しいケースが届いてみると……。

スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

マザーボードにUSB3.0ソケットがない!

新しく買ったPCケースはCorsairのCarbite 100R Silent。

クリックするとAmazon商品ページが開きます。

買った理由はなんといっても安さ。
リンクスアウトレットでジャンク品として税込2200円でした。
もちろんジャンク品なので訳ありですが、通常使用には問題ありません。

ここでケースフロントのUSBを使うためマザーボードに繋げようとしたところ、

マザーボードにUSB3.0ソケットがない!

Sandy Bridge用の古いZ68マザボですからUSB3.0に対応しているわけがありません。

どうしよう……

スポンサーリンク

対処法1 最初からUSB2.0も使えるケースを買う

私の場合ですと、そもそもUSB3.0しか使えないケースを買ったのが間違いです。
製品の説明書きを予め読めばしっかり書いています。
この点は自業自得です。
パソコンの組立てなんて久々だったので気が回らなかったんですよね。

最近のケースでもUSB2.0に対応しているものはあります。

画像をクリックするとAmazon商品ページが開きます。

ThermaltakeのVersa H26。
いわゆる定番ケースです。
同ケースにはUSB2.0と3.0が2つずつ用意されています。
フロントには2つあれば足りるのでUSB2.0だけに割り切ってもいいでしょう。

スポンサーリンク

対処法2 フロントのUSBをあきらめる

私の場合ですが、そもそもパソコンにUSBで何かを接続する機会ってあまり多くありません。
スマホのOSを入れ替えたりマウスのバッテリが切れたりした時に繋ぐくらいです。

また、リアでよければカードスロットを利用して増設することもできます。
私が使っているのはこちら。

以前のケースのフロントUSBが全て壊れてしまっていたため、こちらを使って増設していました。

スポンサーリンク

対処法3 USB3.0→2.0変換コネクタを使う

AINEXのUSB-010A

そうは言っても、使えるものを使わないのは気持ち悪いものがあります。
またフロントにUSBがあると手軽に接続できるため利便性が大幅に向上します。

というわけで本記事のメインとなる対処法。

USB3.0端子を変換コネクタで2.0にするよっ!

何かにつけては変換することの多いパソコン自作。
この手の製品がないわけがない。
Amazonで調べてみたら案の定いくつか出てきました。
その中から私が選んだのはAINEXのUSB-010A。

Amazonで573円(2021年12月13日現在)です。

結論から先に書くと、

正常に動いたよ♪

使い方も簡単。
端子に繋げてマザーボードのソケットに差すだけです。

しかし……実のところ……。

AINEXのUSB-010Aはおすすめしません

理由は、

コネクタのプラスチックが脆すぎて割れちゃった!

ちょっと引っかけただけでパキッと割れました。
ケースのコードが固くて負荷が掛かりやすかったのかもしれませんが、それにしても脆いです。
Amazonにも同じ目に遭った方のレビューがあります。

結局、ひん曲がったピンを丁寧に直してはめこみ。
外れないようビニールテープでぐるぐる巻きにしました。

以降は無事に使えていますが、やっぱり不安なものはあります。
それに修復作業も手間でした。
正直申しまして、他のコネクタをすすめます。

他におすすめするコネクタ

恐らくですが、ケーブルタイプの方が接続部に負荷が掛かりづらくていいと思います。
値段もUSB-010Aとそんなに変わりません。

AINEXですと、こちら。

変換名人ですと、こちら。

お好みの方でどうぞ。

変換コネクタを使う際の注意点

どの製品を使ってもいえることですが、

あくまで「USB2.0」として動作します

マザーボード側の規格がそうなっているので当然なのですが、この点は御留意ください。

スポンサーリンク

まとめ

無事に使えてよかった、よかった♪

本当に、困った時のAINEXね

この記事を書いた人

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。
ADHD、精神障害者手帳3級所持。
慶應義塾大学商学部卒、専攻はマーケティング(広告・宣伝)
国家一種試験経済職の資格で公安調査庁に入庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。
「小説家になろう」の底辺作者。
WordPress記事は素人の備忘録です。

天満川鈴をフォローする
ライフハック
スポンサーリンク
きもおたねっと。
タイトルとURLをコピーしました