匠純銅(SANYO)の中古炊飯器が超コスパ高いという話【新入生・新社会人の方へ】

この記事は約6分で読めます。

2017-03-11日記・雑記

新大学生・新社会人の皆様、4月からの新生活に向けて色々と準備を始めている頃ではないでしょうか?
あれも買わなくては、これも買わなくては。
しかも冷蔵庫なら冷蔵庫でどんな冷蔵庫を買ったらいいのか。
迷うでしょうし、下調べしている時間もなかろうと思います。

そんな私は、炊飯器を題材とする小説を書くほどの炊飯器オタ。

いえ、好きで炊飯器オタになったわけではないのですが……。
あれこれと迷っている内に詳しくなりました。
そんな私からあなたに、コスパの高い炊飯器をお教えします。

ただし中古です。
新品でいいのない?という方は、こちらへお回り下さい。

炊飯器のベストバイはSANYO「おどり炊き 匠純銅」の中古

炊飯器のベストバイ商品。それは、

SANYO(三洋電機)の「おどり炊き 匠純銅」の中古。

「炊飯器で中古?」と思われる方はブラウザバックしてください。
もっともタイトルを見て読んでいるものと思われますから、このまま話を進めます。

匠純銅とは?

当時の炊飯器業界をリードしていたSANYO

SANYOは現在ありません。
炊飯器部門はPanasonicに統合されてしまいました。

SANYOの炊飯器は評判が素晴らしく、元家電販売員さんも絶賛しています。

このブログ「おいしいごはんが食べたいっ/元家電販売員が炊飯器を語る」はすごいです。
炊飯器について知り尽くすことができます。
新品も候補に考えている方はぜひ一読を。

素晴らしきSANYO炊飯器の頂点「匠純銅」、その落札相場

匠純銅は、SANYO炊飯器の頂点に立つ商品です。

動画はECJ-XP2000。
私があれこれ書くよりも、動画を見ていただいた方が匠純銅シリーズについて理解できます。

この匠純銅、お値段なんと、

131,250円!(私の使っているECJ-XP1000Aの場合)

実売価格でもモデルチェンジ直前の見切り処分で6万円前後という品でした。
今でこそ10万円を超える高級炊飯器は商品ラインアップの一つとして認知されてますが、匠純銅はその先駆者です。

それが今、

ヤフオクだと安ければ8000円前後で落札できます。

私は5000円前後で落札できました。
メルカリとかだと、もっと安く落札できるんじゃないでしょうか?

なお、具体的にお薦めするのは型番ECJ-XP1000ECJ-XP1000Aとなります。
これより前だと、機能に差がある割に落札相場が変わりません。
これより後だと、味に差が無いと言われる割に落札相場が跳ね上がります。
よってこの2つの型番が最高のコスパとなります。

発売当時の匠純銅の絶賛

この値段でベストセラー商品となった事実が全てを物語っています。
あちこちでレビューされ、絶賛されています。

価格コムのレビュー。

家電watch様の長期にわたるレビュー。

匠純銅の詳細は、こちらをお読みいただく方が早いです。

その3まであるので御注意ください。

私が匠純銅を推薦する理由

1 味がいい

いくら安くても味が悪くてはどうにもなりません。
しかし匠純銅の味は、発売されて10年近く経つ現在でも最高峰に立ちます
最新炊飯器の試食をした上で比較していますから間違いありません。

というのも、もう高級炊飯器の進化が止まっちゃってるんですよね
炊飯器炊飯器の味は「釜」で決まります。匠純銅を超える釜は現在も早々ありませんから。
機能だってそう。最初は「おどり炊き」を封印しようとしたPanasonicが復活させたくらい。
先駆者にして頂点極めちゃった感じです。

結果として、現在の10万円を超える味が8000円で買えるも同じです。
もちろん新品8000円の炊飯器とはレベルが違いすぎます。きっとお金をドブに捨てた気分になるでしょう。

高級炊飯器のすごいところは「スーパーの安い米でも美味しく炊ける」ところ。
もう香りからして違います。
無理に魚沼産コシヒカリにこだわらなくとも、美味しい御飯が食べられます。
もちろん魚沼産なら、もっと美味しく食べられます。

美味しい御飯が炊けると「家で御飯を食べる」というモチベが生まれます。
その結果として外食が減り、さらに家計を助けます。

強調しておきたいのは「少量でも美味しく炊ける」こと。
1合で炊いても美味しく炊けます。
少量炊きの機能がついているわけではないのですが。
恐らくおどり炊きシステムそのものに起因するのではないかと思われます。

2 保守部品が今でも手に入り、メンテナンス費用が安い

さて実を言いますと……炊飯器の中古はあまり薦められません。
正確には圧力IHの中古は、です。

圧力IHはパッキンが劣化するため、2~3年で交換する必要があります
中古だと、買ってすぐに交換した方がいいくらい。
そうしないとただのIH、圧力を前提として設計されていますから味が落ちます。
しかしメーカーによっては内蓋ごと交換。
かなりの費用が掛かります。

匠純銅はパッキンのみの交換、しかも安い。
1080円の出資で元の味が蘇ります。

もちろん、他の保守部品も手に入ります。
「ジャンク品」と銘打たれていても保守部品で直せる場合があるのでチェックした方がいいです。

匠純銅は、保守部品どころか釜の中古もかなり流通しています。
3~4000円くらいでしょうか、万一壊れても安心です。
本体が壊れない限りはずっと使えます。

その他の長所

好みもあると思いますが、シンプルで空きのこないデザインです。

操作は簡単、迷うことはありません。

炊きあがると音声で報せてくれます。結構便利です。

短所

ここまで褒めちぎってきましたが、匠純銅には短所もあります。

保温がダメ

私の感覚ですと12時間が限度ですかね……。
これ以上だと、釜の縁回りがべしゃべしゃになります。
食べる分だけ炊くか、保温せず冷蔵するかのどちらかがいいと思います。

もっとも、これはどのメーカーの炊飯器でも大差ありません。
保温に拘るなら東芝しか選択肢がないです。
それくらいに保温機能はぶっちぎってます。
実は匠純銅の前に使っていたのが東芝でしたが、公称通り40時間保温しても食べられました。
凄まじき真空保温の力です。

うるさい・蒸気が出る。

おどり炊きの名の通り、ガシャガシャと掻き混ぜながら炊きあげます。
当然うるさいです。
と言っても、普通に物音がするって程度ですが。

蒸気も出ます。
スチームレスに拘る方はやめた方がいいです。
(その時点でかなり選択肢が限られますが)

釜が重い

これは釜の性能とトレードオフ。
諦めていただくしかありません。

まとめ

私自身、記事の匠純銅を使っていますが、保温性能以外は心から満足しています。

質問者の写真

お金出せないけど美味しい御飯が食べたい!
 

そう望む方には匠純銅の中古を強く推薦します。

よろしければ私の書いた炊飯器小説も、お読みいただけると嬉しいです。