小説家になろうにて「キモオタでギャルゲー、それって何の罰ゲーム!?」連載中!

PubSubHubbubでコピペ記事(コピーコンテンツ)を撃退せよ! 

カスタマイズ&プラグイン
この記事は約2分で読めます。

 

本記事は、自分のサイトが無断コピペ転載されることへのSEO対処法を記したものです。
具体的な方法はWordPressを前提としていますので、その他のCMSを使っている場合は適宜各自に応じた対処法をとってください。

スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

無断コピペ転載への嘆き

せっかく苦労して書いた記事が、他のサイトへ無断転載される。
そんなの目の当たりにしたらやってられないですよね。
しかもコピペ記事の方が検索で上位に表示されたら……。

こんな悪徳コピペ記事をSEOの観点から撃退する方法。
それは、

コピペ記事よりも先にgoogleなどへ「自分の記事がオリジナルである」と伝えること。

具体的な方法法を以下に記します。

1 プラグイン「PubSubHubbub」を使う

PubSubHubbub 」は、ざっくり言うと「Googleにプッシュ通知することで、記事を素早くインデックスさせるプラグイン」。

これによって、

質問者の写真

私の記事がオリジナルです! 
 

とgoogleに訴えることができます。

詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

Googleマット・カッツが推奨する“PubSubHubbub”でスクレイパーから身を守れ | 海外SEO情報ブログ
Googleのマット・カッツ氏はPubConカンファレンスで「PubSubHubbub」の利用を勧めた。PubSubHubbubを利用するとGoogleにコンテンツの公開を通知できる。素早くインデックスさせ、オリジナルなのにコピーコンテンツと誤判断される危険を抑えることが可能。PubSubHubbubを設定する手段を3...

なお、導入方法は割愛しますが、PubSubHubbubはWordPress以外でも使えます。

2 その他

右クリックや文章選択を禁止する方法もあります。
ただ、拡散を阻害するというデメリットは見過ごせるものではないと思います。
またコピーしようと思えばすぐできます。
自分の記事がオリジナルと認められさえすれば基本的に検索上位に来るはずなので、上記二つで問題ないかと。

ほか、ウェブマスターツールから手動でgoogleに記事をインデックスさせる方法もありますが、記事をアップする度に行うのは面倒だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

解答者の写真
コピペ記事への対処法は「自分の記事がオリジナルであることをGoogleへ伝えること」
PubSubHubbubプラグインで悪質サイトとの競争を制してね!
 
アドセンス有りでもPageSpeed Insightで100点満点!

超光速サイト実行環境KUSANAGI&WEXAL。
コスパ抜群のレンタルサーバーConoHa。
もっと知りたい方はボタンをクリックしてください。
特集記事の目次が開きます。

この記事を書いた人

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。
ADHD、精神障害者手帳3級所持。
慶應義塾大学商学部卒、専攻はマーケティング(広告・宣伝)
国家一種試験経済職の資格で公安調査庁に入庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。
「小説家になろう」の底辺作者。
WordPress記事は素人の備忘録です。

天満川鈴をフォローする
カスタマイズ&プラグイン
スポンサーリンク
きもおたねっと。
タイトルとURLをコピーしました