お知らせ「WEXAL導入およびテーマ変更作業に伴う不具合について」

WordPressプラグインJetpackのCSSを読み込ませない方法(新版)

カスタマイズ&プラグイン
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

本稿は、JetpackのCSSを読み込ませない方法につき記すものです。
旧来より広まっている方法では現行バージョンにおいて対処できない可能性があります。
もしPageSpeed insightsで引っ掛かった場合は速やかに修正することを推奨します。

スポンサーリンク

PageSpeed Insightsでレンダリングブロック発生!

私、本サイトのメンテナンスを1年半程度放置していました。
久々にPageSpeed Insightsを実行してみます。
すると……CSSレンダリングブロックが発生していました。

 

質問者の写真

どうして?
対策してるはずなのに?

 

引っ掛かっているのはJetpackプラグインのCSS。
PageSpeed Insights対策の中でも定番中の定番でした。

スポンサーリンク

これまでのJetpack対策

ぶっちゃけた話、ある程度WordPress慣れしたらJetpackを使う人は殆どいないと思います。
Jetpackに入っている機能の多くはテーマや他のプラグインで代替でき、しかもそちらの方が使いやすいので。

私の場合で、アクセス解析機能とサイトダウン通知機能。
他の方でも画像CDN(=サイトアクセラレーター:旧称 Photon)くらいではないでしょうか?

いずれにしても管理画面でしか使われない機能なのでCSSは不要。
この場合は、CSSを読み込ませないコードをfunctions.phpに加えるのが定番でした。

add_filter('jetpack_implode_frontend_css','__return_false' );
スポンサーリンク

新しいJetpack対策

調べてみたところ、次のサイトに事情と解決法が記載されていました。

Jetpack6.9のCSSを読み込ませないようにする手順
Jetpackは多機能で便利なプラグインで、必要に応じて機能を有効化できます。しかし、CSSは機能ごとのCSSではなく、すべてのCSSを連結したファイルになっています。自分は何個かの機能を有効化して使っていますが、CSSファイルは必要としていませんでした。

簡単にはJetpackのバージョン6.9以降では対策が通用しなくなったとのこと。
新たなる対策は、functions.phpの記述を次の通り書き直します。

add_filter('jetpack_implode_frontend_css','__return_false', 99 );

詳しくは上記の参考サイトを御覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

解答者の写真
サイトが完成してしまったらPageSpeed Insightsはやらなくなるから
引っ掛かってる人も多いはず
気になる人はテストしてみて
もし該当したら修正してね
 
author

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。
ADHD、精神障害者手帳3級所持。
慶應義塾大学商学部→国家一種経済職→公安調査庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。
「小説家になろう」の底辺作者。朝鮮総聯へのスパイ工作を描いた小説「キノコ煮込みに秘密のスパイスを」はアマチュア小説ながら週刊誌報道され、話題となった。
WordPress記事は素人の備忘録です。

天満川鈴をフォローする
カスタマイズ&プラグイン
スポンサーリンク
きもおたねっと。
タイトルとURLをコピーしました