Luxeritasでアドセンスの出し分けをする方法 ~記事毎の出し分けとカテゴリ単位での出し分け

この記事は約3分で読めます。

Luxeritas

Luxeritas ver2.1でアドセンス関連の機能が強化されました。

特定記事でアドセンスを消す機能が、使ってみると実に便利。
Luxeritas使っていて気づかない人もいるかもですし紹介してみようかなと。
ついでなので、カテゴリごとの出し分けについても記します。

こちらの記事とは、カテゴリごとの出し分けを説明している点とLuxeritas特化である点で異なります。

アドセンスを出したくない記事やカテゴリがある

ブログを続けると、様々な理由でアドセンスを出したくない記事というのが出てきます。

私の場合ですと、

タイトルだけでおわかりでしょうが、どんな意味ででも邪推されたくない内容です。

「小説紹介」のコーナー。
他記事と違い、記事中のアドセンスを外しています。
紹介しているのに離脱機会を与えるのはまずいと考えますので。

記事ごとに対処する場合

Luxeritas 2.1以降で実装されたアドセンスウィジェットを用います。

アドセンスのコードをこちらに貼ります(ないし、テキストウィジェットから貼り替えます)。
続いて記事コードを記入します。

記事コードは、編集画面のURLの「post=」に続く数字です。

カテゴリーごとに対処する場合(方法1)

記事内広告だけであれば、段落をH3からにします。
原始的ですが楽です(私はこの方法)。

カテゴリーごとに対処する場合(方法2)

こちらが一般的な方法となります。

1 single.phpを親テーマから抜き出し、リネームする

single-default.php(デフォルト)
single-noadsense.php(広告なしカテゴリ用)

の二つ作成します。
single-default.phpは、そのまま子テーマに入れて下さい。

2 single-noadsense.phpを作成する

こちらの記事を参考にしてください。

作成し終えたら子テーマに入れて下さい。

3 single.phpを新しく作成する

ここで作成するsingle.phpは、テンプレートの分岐をする機能を果たします。
次のコードを記述してください。

<?php
if (in_category(【カテゴリスラッグを記入、カテゴリIDではない点に注意】)) {
include(STYLESHEETPATH . '/single-noadsense.php');
}
else {
include(STYLESHEETPATH . '/single-default.php');
}
?>

作り終えたら子テーマにアップします。

4 完成

これでカテゴリごとにアドセンスの出し分けができるようになります。

まとめ

解答者の写真
これでLuxeritasでのアドセンス出し分けは完壁ね
カテゴリについてはプラグインでの出し分けもあるけど、表示しないカテゴリが決まってるならテンプレートレベルで対処した方がいいと思う
一手間掛かるけど試してみて!