ktai styleとキャッシュ系ソフトをいじるときの、ちょっとした罠【WordPress】

この記事は約3分で読めます。

WordPressカスタマイズ

質問者の写真

ktai styleのチェックした後でぐーぐるさんの「PageSpeed Insights」で速度チェックしたら、携帯用の画面が出ちゃうよ~ 😥 
 

 

ktai styleとは?

WordPressで作られたサイトをプラグイン一つでガラケー対応にしてくれる素晴らしいプラグインです。

「今更ガラケー?」などと言ってはいけません。
これは私の小説の端末別アクセス数。

ガラケーのユニークを無視してはいけない

ガラケーは1/20以下ですが、延べにすると結構なアクセス数です。
しかもガラケーは一気にページを見ることができないので、PVだと1/10以上となります。
さらにガラケーは見るのが面倒くさい。
それでも読んでくれる方は、熱烈なファンの可能性だってあります。

アフィリエイトを至上命題に置くなら、ガラケーは無視してもいいと思います。
クリックしてもらえるか疑問ですし、そもそも表示されるのってのもありますし。
しかし小説サイトなら絶対にガラケーを無視すべきでないと思います。
現に私の周囲、大多数が未だにガラケーですもの。

ktai-styleの特徴

chromeの拡張プラグイン「FireMobileSimulator for Google Chrome」でチェックすると、こんな風に見えます。

ktaistyleで表示した画面

「サイト案内」をスライダーで表示しているので使い勝手悪いのが難点。
ただ一番下にメニューありますし、そこはいいかと。

小説サイトでガラケー対応にする際の難点

WordPressで小説サイトを作った場合、ガラケー対応にするには難点があります。
ガラケーだと個別記事のページ送りがカテゴリ別になりません。
これはガラケーの仕様の問題です。

対応策としては、投稿日付を打ち込み直すことでシリーズ単位でまとめることが考えられます。
さもなくば一つの記事nextpageで分割してページングするかですね。

ktai styleのテストをする際の落とし穴

ガラケー対応にするからにはktai styleのテストをする必要があります。

質問者の写真

gooモバイルのサイトビューワで見ると、ketai styleが適用されてないよ~。

それか表示そのものが「アクセスできない」ってなっちゃう!

 

所詮シュミレーションだしなあと思ってました。
その後に、

質問者の写真

ktai styleのチェックした後でぐーぐるさんの「PageSpeed Insights」で速度チェックしたら、携帯用の画面が出ちゃうよ~ 😥 
 

となってしまったわけです。
ぐだぐだにも程があります。

しかし「FireMobileSimulator for Google Chrome」で見直すと、Ktai styeの画面になってました。
あれ? シュミレーターでそんなに違いがあるもの?

もう一度gooモバイルを見る。表示されない。
キャッシュを消すと表示され、またPC表示がおかしくなる。

つまり、内代の言葉は正確じゃありません。
「gooモバイル」の「サイトビューワ」の画面がキャッシュされてしまっていたのです
サイトビューワで表示できないときは、まともな(?)画面用のキャッシュが既に生成されていたからではないかと。
推論にはなりますが、状況を理屈づけるとこうなると思います。

これは私の環境だけかもしれませんが……ktai styleをテストする際には、くれぐれも注意して下さい。
テストするつもりが自らトラブルを招いていたという。
まさに落とし穴でした。

結論

解答者の写真

「ktai style」の画面チェックをする時には「FireMobileSimulator」を使ってね。
chrome以外でも使えるから。