記事「パチンコ店経営者の国籍別割合における「数字の違い」を公安調査実務の観点から説明してみる」を非公開にさせていただきます

この記事は約1分で読めます。

お知らせ

標記の通りです。

アクセスが増えすぎたため、非公開にさせていただきました。
以前にサイトごと非公開にした時と同じ理由。
私のメンタル維持のためです。

また、本記事の内容は、曲解した方が特定民族ヘイトの材料に用いる危険性があります。
そんなの私の本意ではありません。
コロナウイルス流行下という特殊な状況を鑑みると、一旦火が点けば加速して止まらなくなる危険もある。
そう考え、取り下げさせていただきました。

どうか御理解いただけると嬉しいです。

※当サイトの会話アイコンはカスタムキャストで作成しています。©2018-2019 Custom Cast, Inc.
この記事を書いた人:天満川 鈴

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。

ADHD、精神障害者手帳3級所持。

慶應義塾大学商学部→国家一種経済職→公安調査庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。

「小説家になろう」の底辺作者。
朝鮮総聯へのスパイ工作を描いた小説「キノコ煮込みに秘密のスパイスを」はアマチュア小説ながら週刊誌報道され、話題となった。

Posted by 天満川 鈴