目的別レトルトカレー6選 ~元国際テロ担当公安調査官の見地から選ぶ、

この記事は約7分で読めます。

2017-03-05日記・雑記

レトルトカレーってどうして不味いんでしょうね?
検索してみたら、理由を説明したページがありました。

加熱処理の際に着くレトルト臭が原因だそうで。

でもレトルトカレーの中にも、なかなか味わえる一品はあります。
本記事は、そんな絶品レトルトカレーを目的別に6つ紹介します。

前置 私とカレー

私の前職は公安調査庁職員。
どんなお仕事か、一言で言えば「スパイ」です。

質問者の写真

カレーと全く関係ないやん!
 

……というツッコミをいれたくなるかもしれません。

でも、そうでもなかったり。
私の専門は国際テロ、特にイスラムテロ組織。
具体的な仕事は書けないわけですが、彼らの主食はカレー。
その関係でカレー店をあちこち食べ回ってました。

これは別にカレー店を調べているわけじゃありません。
カレー店の中には外国人コミュニティを形成しているところがあるので、何かあったときのために下見してリストを作っておくわけです。

またムスリム(イスラム教徒)と話す機会も当然ながら多く、カレーを食べさせてもらうことはしょっちゅうでした。
さらに日本人の私が合わせられる話など、そうもあるわけでなく。
カレーなら大抵のムスリム共通の話題。
ネタを仕入れに、プライベートでもあちこちのカレー店を巡ります。
カレーは元々大好きですから、全く苦になりません。
その結果カレーの味にはやたらうるさくなりました。

しかしカレーって店で食べると高いし、かと言って作るのは面倒くさい。
レトルトでいいのないかなあと片っ端から試してみました。
その中から、私が「これはっ!」と思ったものを紹介します。

なおスープカレー系はどれもそこそこ以上に味わえるので、除外します。

安くお腹をみたしたい方へ:「メガ盛りカレー 大辛」(ハチ食品)

とにかく安く、それでいてお腹をみたしたい方には「メガ盛りカレー 大辛」。
スーパーですと、大体100円前後で売られています。

「メガ盛りカレー 大辛」の魅力は300gというボリューム。
おかわりの必要ないくらいには御飯をかきこめます。

味の方は決して美味しいわけではありません。
でも食べられる味、この価格帯では一番推しです。
学食とか社員食堂辺りのカレーよりは美味しいです。

お薦めは生卵×醤油少量のトッピング。
他のこの価格帯のカレーですと塩分強めで卵入れてもあまり美味しいとは感じられないのですが、「メガ盛りカレー 大辛」はちょうど程よいまろやかさになります。
ルーの量も増えるので、よりたくさんの御飯が食べられます。
さらに納豆を入れると、なかなかおつな味になります。

なおレトルトカレーを美味しくするという評判のイカの塩辛は、残念ながら合いませんでした。

外さない贈り物として:「辛口ビーフカレー」(東京資生堂パーラー)

資生堂パーラーは誰もが知る洋食の名店。
なんとレトルトも出しています。

味は典型的な洋風ビーフカレー。
舌の上で転がそうと思うほどには美味しいです。
濃厚であり、それでいて繊細であり。
レトルト臭さはありません。
レビューでは「辛い」という声も見かけますが、好みの問題と言いうる範疇です。
パッケージほどではないですが、しっかりお肉も入っています。
辛口と銘打ってあるからには普通の味のもあるわけですが、圧倒的に辛口の方が美味しいです。

ただ難点は値段。
これ一つで540円、とても気軽にリピできる価格ではありません。
安心の名店ブランドですし、特に女性ウケはかなりいい。
ギフト用途として購入してみてはいかがでしょうか?
実際にギフト用の詰め合わせがあります。

ビーフよりチキンというあなたへ:噂の名店 バターチキンカレー(エスビー食品)

レビューには「レトルトカレーナンバーワン」という声もあるほど。
でも決して大袈裟ではない。
300円前後ランクでは抜けて美味しく、店の味を遜色ありません。
元々チキンカレーの方がビーフカレーよりは同価格帯なら美味しい傾向にありますが、「噂の名店 バターチキンカレー」の味はその中でもワンランク上です。

一口すくうとバターの香りが鼻へと抜けていく。
後を引く感じの美味しさで、次から次へとスプーンが伸びます。
具の量も味も良好、ルーの量もそこそこあります。
評判なせいか、近所のスーパーでも割と売っています。
こうしたバターチキンカレーは家で作ろうにも真似しがたいですし、基本外食で味わうもの。
たまには、こんなカレーもいかがでしょうか?

とんでもなく濃厚なカレーが食べたい方に:ゴーゴーカレー

ゴリラのパッケージが印象的なゴーゴーカレー。
金沢のいわゆる御当地カレーですが、もはや全国区と言ってよいでしょう。
どろっとした超濃厚なルーが特徴。
突き刺すのではなく、鈍器でゆっくりぶん殴られるような重みのある辛さ。
味も超濃密。
例えて言えば、家で作って二日目に突入したカレーを思い出させる食感。
かなり癖の強い味ですので人は選びますが、はまる人は物凄くはまる味です。
レトルト感はまったくありません。

このカレーのおすすめな食し方は、やはり揚げ物トッピングのソースぶっかけ。
スーパーで半額になったトンカツやコロッケを買ってきて乗っけましょう。
そして千切りキャベツ。
口の中の濃厚な味を洗い流してくれて、さらに食欲をかきたてます。
これ考えた人はすごい、心からそう思います。

ゴーゴーカレーの長所は安いこと。
なんとこちらの品ですと、1パック約150円!
しかも今ならポイント10倍です!

訳ありとなってますが、賞味期限は2017年の年末。
全然気にすることはありません。

私も本日買いました( ´艸`)

とにかく辛いカレーが食べたい方へ:LEE辛さ×20倍(江崎グリコ)

辛い! とにかく辛い!
食べると汗が出てきます。
ヒリヒリくるだけでなく胃にドンと来る辛さですので、胃腸の弱い人は避けた方がいいです。

もう辛いレトルトカレーとくればLEE20倍。
かつてLEEが出た頃、みんな「こんなの食べられるか!」と言いつつもリピしてました。
濃厚な味なのもあって、辛さに耐えうる人はやみつきになります。
カラムーチョとかと同じノリですね。

味もなかなか。
レトルト感はあるのですが、辛さで吹き飛ばせます。
ただ味と辛さのバランスをとるなら10倍の方がおすすめです。
20倍だと正直味がよくわかりません、そのくらいの辛さです。

至高の味を求める方へ:金のビーフカレー(セブンイレブン)

食べたとき、びっくりしました。

質問者の写真

これがレトルト? これが398円?
 

そんなレベルじゃないです。
これが店で出されるなら1000円は楽勝でとれる、そのくらいの美味しさ。
濃厚で、それでいて繊細で。
一口含むと目を瞑って味に集中したくなるくらい
レトルトどうの突き抜けています。
具のお肉も大きくて柔らかくて味が染みこんでいて。
それでいて値段も高すぎず、ぎりぎりリピしようと思えるライン。

もう究極のレトルトカレーと呼んでも過言じゃありません。
方々のランキングやレビューで絶賛の声があがるのもわかります。
しかもセブンイレブンで買える気軽さ。
まだの方はぜひ食べてみて下さい。
至福の時を味わえます。

クリックでomni7へ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回挙げた6つのカレーはそれぞれに個性があり、それぞれの愉しみ方ができます。
レトルトでも店舗でもカレーを食べ歩いてきた私の舌を満足させてくれる品達です。
よろしければ、お試しくださいませ。
そして「美味しかった!」「不味かった!」と感想を聞かせていただけると嬉しいです。

ただしカロリーの摂り過ぎにはくれぐれも御注意を。