「tweecha」(ついーちゃ)関連の記事一時非公開並びに情報提供願いについて

この記事は約2分で読めます。

2015-07-11お知らせ

1 「tweecha」(ついーちゃ)関連の記事を一時非公開とさせていただきました(改訂し再公開しました)

 「小説を宣伝してみる」コーナーの2記事(お返し関連)につき、一時非公開とさせていただきます。

 理由は本サイトで紹介した「tweecha」(ついーちゃ)のアプリ開発元から下記の忠言をいただいたためです。

 (具体的なやりとりはクリックして御参照ください)

 

 これに沿う形で記事を訂正した後、再アップさせていただきます。

 

2 「tweecha」(ついーちゃ)使用状況の情報提供依頼について

 また一方で、この様なありがたいメッセージもいただいております。

 

 まさかアプリ開発元からこのように言っていただけるとは想像すらしませんでした。

 私としても開発元の御厚意に応えるべく協力したいと思います。

 

 報せていただきたいのは(アバウトで構いません)

多い時の1分間あたりRT数

 

 よろしければ

1分あたりの通常時RT数

 も合わせて提供していただけると嬉しいです(ベース値の参考になるため)

 

 またツイッター社からのツイート規制がかかった場合、

・規制かかるまでの所要時間も合わせてお願い致します

 前者は3時間以内に300ツイートすると規制が掛かります、それ以外で規制された場合は別途教えて下さい。

 

 情報提供につきましては

・私のツイッターアカウントへ@ツイートorダイレクトメッセージ

・本サイトのコンタクトフォーム

・「小説家になろう」のメッセージ

 いずれでも承ります。

 

 快適かつ効率のよい宣伝活動。

 なおかつ

 「tweecha」(ついーちゃ)を含めたサードパーティ製アプリの開発者様やユーザーへの配慮。

 この二点を両立させるために、是非とも御協力願います。

 

最後に

 御忠言していただいた「tweecha」(ついーちゃ)開発元「株式会社sinProject」様には、本サイトの記事につき御厚意並びにお気遣いいただいたことを心より感謝致します。

 同時に私の不用意な言動で御迷惑おかけしたこと、深くお詫び申し上げます。


Author:天満川 鈴

小説家になりたい駄文書き、元公安調査庁職員。
国家一種経済職→入庁。イスラム過激派などの国際テロ、北朝鮮を担当。
朝鮮総聯へのスパイ工作を描いた小説「キノコ煮込みに秘密のスパイスを は週刊誌で紹介され、さらに推理・歴史作家の鈴木輝一郎先生から「江戸川乱歩賞獲れた」と絶賛。素人の小説としては異例の反響を呼びました。
無料公開してますので是非読んでみてください!