ストラテラ(薬代)の高さにびっくりする【ADHD】

この記事は約2分で読めます。

2018-03-16ADHD

先日、自立支援医療の更新に行ってきた記事を書きました。

今回はその後、同医療証が届くまでのお話です。

医療証そのものがないと自立支援が適用されない

ストラテラ切れたので病院へ。
病院の窓口で自立支援医療証がない旨を告げ、区役所の職員から代わりに渡すよう伝えられていた申請書類を渡しました。
すると、次のことを言われます。

 

職員:本日分の診察代と薬代に自立支援は適用されませんが、構いませんか?

私 :ダメなんですか?

職員:はい。この書面で申請されていることは確認できるのですが、実際に資格を有しているかは確認できませんので。

 

納得。
恐る恐る問い返す。

 

私 :でも3割負担の適用はあるんですよね?

職員:はい、大丈夫です。

私 :で、証が交付されたら戻ってくるんですよね?

職員:はい。後日、証と領収証をあわせてお持ちいただければ還付いたします。

 

その言葉に安心して受診します。

終わった後に請求された診察代は内科も込みで1720円。
これくらいなら十分立て替えられる。

しかし薬局に行って、請求額に目を剥きました。

質問者の写真

26870円~!
 

2か月分かつ糖尿病の薬も込みじゃあるのですが(3000円分くらい?)

この値段は何! しかも三割負担で!
全額だったら一体いくらになるんだ。
幸い現金持ち合わせていたので払えましたが本当にびっくりしました。

まとめ

今回は立替払ですからいいですけど、もし自分の負担だったらと思うとぞっとしました。
広島市に感謝です。

ストラテラの薬代は本当に高い。
自立支援医療制度は広島だと負担無しですが、これは自治体によって異なります。
もし事情が許すなら少しでも負担の軽いところに住んだ方がいいと思います。

※当サイトの会話アイコンはカスタムキャストで作成しています。©2018-2019 Custom Cast, Inc.
この記事を書いた人:天満川 鈴

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。

ADHD、精神障害者手帳3級所持。

慶應義塾大学商学部→国家一種経済職→公安調査庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。

「小説家になろう」の底辺作者。
朝鮮総聯へのスパイ工作を描いた小説「キノコ煮込みに秘密のスパイスを」はアマチュア小説ながら週刊誌報道され、話題となった。

Posted by 天満川 鈴