アルビ上ハードソロ攻略その4

この記事は約3分で読めます。

2008-11-24ひさの隠れ家(マビノギ日記)

さて、今回からいよいよまともな攻略。

普通のアルビ上のソロと違い、ハードの場合は、ひたすら「毒を塗る」作業になります。
はっきり言って、遠距離からマグ連打できる弓のが楽でしょう。
しかし、自分は弓を持ってませんので、近接での攻略となります。

さて、最初はスパイダーファイターなどの「弓無し蜘蛛男」系統から。
普通のアルビ上でも雑魚ですが、ここでは「癒し」とまで言えます。

特徴は次の通り。

・ホロータイプ(※)

・1-1属性

・毒が効く

・索敵狭い(比較的)

 

※ホロータイプ
IB(orLB)を放つと、しつこく粘着するタイプのAI。
この性質から、連携する場合は、1人がボルトカウンター、スマorマグ役1~2名。
①一人がボルトを打つ→カウンター待機
②スマorマグ2発まで打つ
③ボルトを打った人に向かっていく→そのままカウンターではじき飛ばされる
④①に戻る、以下繰り返し。

よって、ペットを使う場合、IBorLBカウンターAIを仕込んでおけば、ペットにカウンター役をさせながら、自分がスマorマグ役に回れるので、時間短縮ができます。

 

1-1属性ということは、MOBがこいつら一種類だけだった場合は、タゲを固定してしまえば、他は攻撃してこないということです。よって、位置取りを気にする必要なく、部屋が広く使えます。ペットも出しやすいです。

さて、攻略方法はというと・・・ボルトカウンターだけで十分です( ゚∀゚)・∵. ガハッ!!
というのも、攻撃は「毒を塗る」という作業に過ぎないためです。
ペットの毒ヘビがある場合は、それに任せてしまうのも一つの手です。
とにかく毒次第。毒さえ効けば、感動するくらい相手のライフは減っていきます。

混合の場合は弓あり蜘蛛男、毒蜘蛛、犬が基本パターン。
前二者は弓無し蜘蛛男が後、後者は蜘蛛男が先、という処理順が、ソロでもPTでも一般的です。
犬を後回しにする理由は、犬は毒が効かないため連携した方がよく、先に蜘蛛男を殲滅しておく必要があるためです。

はっきり言って、こいつらが出る部屋=楽な部屋なので、深く語る事は特にありません。
以上ですが、補足として、普通のアルビ上級での攻略パターンを。

普通の上級の場合は、最初にスマ2発→ボルトカウンターとなりますが、カウンターをミルに変えて飛ばせば、クリが出なければ、「高確率で」スマチャンスが生まれます。

よって、

スマ→スマ→(ボルトで位置誘導→)ミル
→(クリ時)ボルト→カウンター→ボルト→ミル→クリ次第
→(ノンクリ時)→スマ→ボルト→ミル→クリ次第

のパターンがそこそこ安定してつながります。
クリ時のカウンターは挟む必要無いのかもですが、自分の経験上、これを入れず直接ミルだとアタック迎撃を食らうことが多いので、あえて挟む要にしてます。
あと、「高確率で」と書いてる通り、そのままアタックに来るパターンもあるので、攻撃食らう→即死亡というキャラスペックの場合は、
ミル→ボルト→ミル・・・の繰り返しが早いでしょう。
ただ、ミルはソロor少人数限定で。他に迷惑かかりますので。