問い合わせ・質問メールの取り扱いについて

この記事は約2分で読めます。

お知らせ

読者の方々から、これまでに多数の問い合わせ・質問のメールをいただいております。
しかし私にとっては正直なところ、回答するのは時間的にも精神的にも負担でしかありません。
これまでは「困っているものは仕方ない」と考えて回答してまいりましたが、今後は返信を差し控えさせていただきます。

プライバシーなどの問題でコメント欄に記せない性質のものは除きます。
私が必然性を認めたものにつきましては従来通り返信させていただきます。
ただ、そもそも私に答えようのない場合が多いです。
私よりも公安調査庁もしくは人事院に直接尋ねることを推奨します。

私が本サイトを運営しているのはあくまでも小説宣伝の手段として。
本サイトが知られることで間接的に小説の存在を知っていただき読んでもらえればというものです。
実際、問い合わせ・質問の際、かなり詳細な作品の感想を書き添えてくださる方も中にはいらっしゃいます。
私も読者は大切にしたいですし、そういったメールには喜んで答えさせていただいています。

しかし殆どの場合は、質問のみ。
小説や本サイトの拡散にすらつながらない非公開のメールに回答することは、私にとって何らのメリットもありません。
またコメント欄など公開の形で御質問いただいた方が、他の方の参考にもなり有益です。

質問・問い合わせにつきましては、当該記事のコメント欄に記して下さいますよう願います。
あるいは当該記事に質問・問い合わせをつけてツイートしてください。
気づき次第、リプライの形で回答・やり取りをさせていただきます(@rin_tenmagawaをつけていただけると確実です)。
そうしてくだされば、他の方の目に触れやすくなり記事も拡散されます。
つまり私にとりましても回答するメリットが生まれますので。

誠に勝手ながら御了解のほど、よろしくお願い申し上げます。